ブログ 2014-15 12月 プレーヤーズ・オブ・ザ・ウィーク

Published on 1月 6th, 2015 | by Tunaパスタ

2

ロウリーとハーデンが12月の最優秀選手、月間ルーキー賞はウィギンスとミロティッチ

トロント・ラプターズのカイル・ロウリーとヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンが現地5日、それぞれ2014-15シーズン12月の「プレーヤーズ・オブ・ザ・マンス(月間最優秀選手)」に選出された。

ロウリーは12月の15試合で22.3得点(イースト4位)、FG成功率46.3%、スリー成功率40.5%、8.9アシスト、4.2リバウンド、1.9スティールを平均。12月3日のユタ・ジャズ戦ではキャリアハイの39得点を獲得するなど大活躍し、オールスターガードのデマー・デローザンが離脱中のラプターズを11勝7敗に導いた。

ラプターズからの月間最優秀選手選出は、2007年1月のクリス・ボッシュ以来で、球団史上2度目となる。ラプターズ時代のビンス・カーターが1度も選出されなかったというのは、今さらながら驚きだ(カーターはネッツ時代に3度受賞)。

▼カイル・ロウリー、ジャズ戦キャリアハイ

ハーデンは12月にリーグトップの30.6得点を記録したほか、7.1アシスト、6リバウンド、1.9スティールを、FG成功率47.8%を平均。14試合中8試合で30得点以上、その内3試合で40点以上をマークするという破竹のパフォーマンスを見せた。

ロケッツの選手が同賞に選出されるのは、2008年1月のヤオ・ミン以来で約7年ぶり。ハーデンにとってはキャリア初のプレーヤーズ・オブ・ザ・マンス受賞となる。

▼ハーデン44得点、ブレイザーズ戦ハイライト

ルーキーズ・オブ・ザ・マンス

同日、NBAは12月のルーキーズ・オブ・ザ・マンス(月間最優秀新人賞)を発表し、イーストからシカゴ・ブルズのニコラ・ミロティッチ、ウェストからミネソタ・ティンバーウルブズのアンドリュー・ウィギンズがそれぞれ受賞した。

ミロティッチは12月の15試合で1試合平均19分出場し、9.9得点、5.7リバウンド、フィールドゴール成功率43.9%を記録。12月19日のグリズリーズ戦では、6本中6本のスリーポイントを成功させ、30分の出場時間でキャリアハイの27得点を挙げた。

▼ミロティッチ!!

▼ミロティッチ!!!!

 

ウィギンスは11月に続き2ヵ月連続での月間最優秀ルーキー賞受賞となる。12月はルーキー1位の14.6得点を平均。10日のブレイザーズ戦では23得点、10リバウンドでキャリア初のダブルダブルを達成し、ウルブズ史上最年少で20得点/10リバウンド以上を記録したプレーヤーとなった。

▼ウィギンズ、キャリア初ダブルダブル

▼ウィギンス、キャブスにリベンジダンク!!

 

さらにウィギンスは最近になって大きく調子を上げており、過去7試合で平均21得点、4.7リバウンド、1.3スティール、FG成功率50%、スリー成功率45.5%を記録。デビューからわずか2ヵ月の19歳が、はやくもウルブズオフェンスの第1オプションになりつつある。ブルズのミロティッチと共に、シーズン後半にかけての成長がすごく楽しみだ。

Image via NBA/Twitter

Tags: , , , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • KG

    はじめまして。

    ウィギンスはシーズン序盤は期待はずれ感が漂ってましたけど、SGになってから本領を発揮し始めましたね。

    • はじめまして!
      ウィギンスはミニッツも増えてすごく良くなりましたね。12月に入ってからの活躍っぷりは、アンソニー・デイビスやカイリー・アービングといった近年のナンバー1ピックのルーキー時代と比べても全く見劣りしません。コービー並のポテンシャルを持っていると思うので、3,4年後に期待したいです。

      個人的には、ウィギンスがキャブスからトレードされて本当に良かったと思います。もしアービング+レブロンのキャブスにいたら、これだけボールに触れるチャンスはなかったでしょうから。

Back to Top ↑