ブログ ハーデン ベストプレーヤー

Published on 8月 21st, 2014 | by Tunaパスタ

3

ジェームス・ハーデン 「ベストプレーヤーは俺だ」

世界一の現役バスケットボール選手は誰だ??」、この質問に対してほとんどの人がレブロン・ジェイムス、もしくはケビン・デュラントと答えるだろう。

ヒューストン・ロケッツのエース、ジェイムス・ハーデンはそう考えていない。自分こそがリーグのベストプレーヤーだと信じている。先日行われた米ESPNのインタビューで、ハーデンは自信満々に語った。

インタビュアー:
「現在のベストプレーヤーは誰だと思う?」

ハーデン:
「俺だ」

インタビュアー:
「今、『あなたも含めてね』、と言おうとしたところでしたよ。あなたの言い方からして、簡単な質問だったかな」

ハーデン:
「そうだね。俺だよ」

続いて、「自分が思う理想の選手に到達できているか」という問いに対しては「程遠い」とコメント。

「まだ道のりは長い。学ぶべきことや改善すべきところがたくさんある。学ぶ姿勢を持ちながら正しいやり方に集中すれば、必ず自分のポテンシャルに届くと思う」
– ジェームス・ハーデン

▼ハーデン、2013‐14シーズンハイライト

ハーデンはまだデビュー5年の24歳。現時点で自らをベストに位置づけるとは相当な自信家だ。傲慢というよりも、むしろすがすがしい気がする。

かといって、ハーデンは他のトッププレーヤーたちを見下ろしているわけではない。先の発言とは少し矛盾するようだが、同じインタビューの中で「レブロンやデュラント、コービーに追いつこうと努力している」と語った。

「彼らに追いつこうとしてるんだ。それが毎日の楽しみであり、俺のモチベーションになる」
– ジェイムス・ハーデン

また、自身をリーグのトッププレーヤーと信じる一方で、「チャンピョンリングを勝ち取るまでは何も言えない」ともしている。


ハーデンはベストプレーヤー?


ハーデンとデュラント

ハーデンorデュラント? Photo: GAMEFACE-PHOTOS/Flickr

昨季、ハーデンは自身初となる「オールNBAファースト・チーム」に選出された。今年のアメリカ代表チームでも攻撃の要となっており、オフェンス力だけをみれば現時点でリーグナンバーワンのシューティングガードといって間違いないだろう。

ただし「リーグのベストプレーヤー」と呼ばれるためには、オフェンス/ディフェンスの両方、さらには優れたリーダーシップ力も必須となる。果たして今のハーデンはこのすべてを持ち合わせているだろうか?

・リーダーシップ

少し意外かもしれないが、ハーデンのリーダーシップ力に関しては、アメリカ代表ヘッドコーチのマイク・シャシェフスキーが非常に高く評価している。

「ハーデンは、過去のチームUSAのリーダーたちに負けず劣らずの良きリーダーだ。彼はすばらしい性格の持ち主で、とても明るく、頭もいい。そして言うまでもないが、類まれな才能を持っている」

「特にデュラントがいなくなってからは、チームの先輩的存在として、さらに自分を前に出すようになった。私は彼を理解しているし、彼も私を理解している。一緒に働いてきたからね。我々にとって、まさに彼はキーパーソンだ。疑いようがない」
– マイク・シャシェフスキーHC(NBC Sportsより

シャシェフスキーHCは、ハーデンが代表チームのリーダーという大きな責任感を担うことで、選手として今後さらに成長するだろうと信じている。

・ディフェンス

ハーデンの問題はやはりディフェンスだ。

ドライブからロングレンジまで何でもこなすオールラウンドなオフェンスとは裏腹に、ディフェンスではボールだけに目を奪われがちで、マークする相手を完全に見失ってしまい、簡単なレイアップをゆるしてしまうという場面が結構ある。とにかく注意散漫で、諦めが早く、足をあまり動かせていない印象。

▼ハーデンのディフェン(2013‐14)

ハーデンのディフェンスに関しては、技術力よりも「やる気のなさ」を指摘する声が少なくない。

ただハーデンは身体能力が高く、それなりにサイズもある選手。オンボールのディフェンダーとしては理想的な体格なので、スイッチを切り替えて真剣に取り組めば、オフ・ザ・ボールのディフェンスもたちまち改善する可能性だってある。

今頃、アメリカ代表アシスタントコーチのトム・ティボドーHC(ブルズ)あたりがチームディフェンス哲学をきつく指導しているかも…。

Thumbnail by GAMEFACE-PHOTOS/Flickr

ソース:「ESPN

Tags: , , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • コービーさん

    ハーデンは一対一のDは良いけどピックアンドロールのDが悪いですよね。
    ピックアンドロールが多いNBAでは致命的な気がする

    • tunadrama

      確かにアイソレーションの守りはそれほど悪くない気がします。ワンドリブルで簡単に抜かれてしまう場面もたまにありましたが、後ろにハワードやオマー・アシックという優秀な壁があったから、思い切って守れていたんですかね?

      サンダー時代はディフェンスが弱点という印象はそれほどなかったのですが、ロケッツに移ってからオフェンス面の負担が倍増したというのも理由の一つなのかな…?

      ピック&ロールに関しては、ハーデンもそうですが、ロケッツのディフェンス戦略自体に問題があるようにも感じます。

  • nobu1232

    オフェンスがセルフィッシュ過ぎます。きっと一緒にバスケやっても気持ちくない。
    ゲーム中も、アイコンタクトや指示がなさすぎ。

Back to Top ↑