ブログ クレイ・トンプソン オリンピック

Published on 8月 14th, 2016 | by Tunaパスタ

10

クレイ・トンプソン、オリンピックでシュート成功率15%のスランプ

2016年NBAスリーポイント・コンテストチャンピオンのクレイ・トンプソンが、オリンピックでシューティングスランプに陥っている。

2015-16シーズンはリーグ屈指のシューターとして1試合平均スリー成功3.5本、3P成功率42.5%を平均したトンプソンだが、リオ五輪グループリーグではスリー成功率18.8%と大失速。4試合/66分の出場でわずか11得点と、チームUSA内で最低の数字を記録しており、2試合/19分しかプレーしていない元チームメイトのハリソン・バーンズ(合計12得点)よりも生産性が低い。

シューターが短期間のスランプに陥るのはそれほど珍しいことでもないが、クレイほどの選手がここまでいいところがまったくないというのは、少し気になるところではある。

NBAでの試合に比べて、ボールタッチやシュート回数が激減したことにより、なかなかリズムを掴めずにいるのか?スター選手揃いで大会無敗を維持するチームUSAだが、ウォリアーズのようなチームオフェンスのシステムが確立されていないため、理想のタイミングやポジションでスクリーンやボールを受けられないのも原因の一つか?また、スリーポイントラインの距離がNBAより短いというのも、もしかするとネガティブに働いているのかもしれない。

あるいは単純に、オリンピックで使用される公式ボールに慣れていないだけという可能性もある。アメリカ代表として2012年のロンドン五輪に出場したポイントガードのデロン・ウィリアムスも、「オリンピックのボールは滑る」と不満を漏らしていた。

「(オリンピックではボールもリムも)ずいぶん違う。もしボールが少しでもリムに当たれば、はじき出されてしまうんだ。このことはトルコでも学んだよ。だからいつもよりアーチを高くしてシュートを打たなければならなかった。ボールについては…、サイズは同じだが、新品を使うので滑りやすかったよ。NBAでは新品じゃなく、使用済みのボールを使うからね」
– デロン・ウィリアムス、2012年

不調の原因が何にせよ、トンプソンは一度リズムに乗ると止まらなくなるタイプのシューターなので、今大会でもそのうち大爆発するかもしれない。

※追記(15日)

現地14日のフランス戦でさっそく爆発した(スリー13本中7本成功、30得点)。

Image by Agência Brasil Fotografias

スタッツ:「FIBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • Takuya Hashimoto

    ようやく今日のフランス戦で爆発しましたね!この調子で決勝まで進んでいくことを期待したいです!

    • ですね!記事をアップした直後だったので、「やりやがった…」と思いました笑

  • masayann

    クレイはオールスターとかでもあまり目立たないのでこういう大舞台は苦手なんですかね?

    • 大舞台にはわりと強い選手だと思うんですけどね。昨季WCF第6戦はとんでもないパフォーマンスでしたし。ただ波があるのは確かですね。

  • 名無し

    クレイは良くも悪くもカリーの二番手なんでしょうね。
    プレイオフでカリーの評価と相対的に高評価を得たクレイですがやはりカリーのチートシュートの存在は常にクレイにとって精神的支柱であったと思います。

    • クレイにとって、カリーの存在はすごく大きいでしょうね。ただカリーにとってのクレイも同じくらいの影響力があると思います。カリーの負担を減らすために、CP3やウェストブルック、リラードといった敵チームのベストプレーヤーをガードするのは多くの場合クレイですからね。
      2人とも個々にリーグトップクラスの選手ですが、2人が同時にコートに立てばシナジー効果絶大で、本当に素晴らしいコンビだと思います。

  • PANTA

    ようやく五輪に慣れてきたのか、タッチが繊細な分適応するのに時間がかかったのかもしれませんね。
    デュラントからのアシストが多かったのも来季に期待が持てて良いですね。
    やはりクレイは3Qに何か‟持ってる”感じがします

    • カリーもそうですが、クレイも第3Qの覚醒頻度が高い気がしますね。KDのアシストからクレイのキャッチ&シュートといったパターンも、来季はたくさん見れそうです。
      あとアメリカは、もっとドレイモンドを出場させてもいいのでは、なんて思いますね。オフェンスを組み立てられる選手が少し不足している印象があるので…。

  • ケンタブー

    追記のさっそくで笑ってしまいました^ ^

    PGもアメリカはアイソレーションでの得点が多くオフェンスでかかる負担が大きいと言っていたそうで、
    そういうところがNBA、ウォリアーズでの活躍との差異だったのでしょうか。
    個々の力が強すぎる分、他国のように組織的な攻撃でなくてもある程度勝ててしまったことも要因のように思います。

    とは言え、こうして火がつくとやはり恐ろしい、さすが爆発力No.1のSGですね。
    この先の試合でアメリカがケミストリー構築を進めたら、さらにクレイの活躍がみられそうですね!

    • この記事をあげてから数時間後のことだったので、私も笑いました。USAにアイソのポゼッションが多いというのは、クレイの不調と大きく関係があったかもですね。一応バックスクリーンやダウンスクリーンを活用しようとしていますが、コミュニケーションが上手くいかず、オフボールの動きが止まったままなんて場面も多いような…。確かに他国の方が“チーム”といった印象ですね。

      それでも無敗を維持できるというのは、やはりすごいの一言です。トーナメントになれば、さらにギアを上げてきそうですしね。
      個人的には番狂わせが見たいです。

Back to Top ↑