ブログ カール=アンソニー・タウンズ サマーリーグデビュー

Published on 7月 12th, 2015 | by Tunaパスタ

1

ドラフト1位指名のタウンズ プロ1本目のシュートアテンプトはスリー

2015年ドラフトで全体1位指名を受けたミネソタ・ティンバーウルブズのカール=アンソニー・タウンズが、現地10日に行われたロサンゼルス・レイカーズとのサマーリーグ戦で、ついにプロとして初めてゲームに出場した。

この日の試合はドラフト2位指名のディアンジェロ・ラッセルのサマーリーグデビュー戦でもあり、メディアやファンたちはトップルーキーの初対決に大注目。そのせいもあってか、タウンズは極度に緊張していたようだ。試合開始2分20秒に3Pラインの外から放ったNBA最初のシュートアテンプトは、リングにも届かないエアボールに終わった。

「正直に言うと、緊張のあまり胸がドキドキしていた。すごくナーバスになってしまい、足が重く感じたよ」
– カール=アンソニー・タウンズ

このエアボールで緊張が吹き飛んだというタウンズは、第1Q残り5分にザック・ラビーンのアシストからミドルレンジショットを沈め、プロ1本目のフィールドゴールに成功。最終的に12得点、4アシスト、3リバウンド、FG成功率40%を記録した。

合計で9ファウルとミスを重ねる場面もあったが(サマーリーグは10ファウルで退場)、ローポストでのフックショットや、ダブルチームを引きつけてからのカッターへのパスなど、ポテンシャルの高さを感じさせるファインプレーを何度か見せている。

一方のラッセルは、26分の出場で8得点、6アシスト、5リバウンド、3スティールと、オールラウンドなパフォーマンスを披露した。

▼タウンズとラッセルの初対決

ウルブズは他に、昨季ダンクチャンピョンのザック・ラビーンが、ゲームハイの24得点をマーク。レイカーズからは、2年目のジョーダン・クラークソンが23得点、右足の骨折から復帰したジュリアス・ランドルは11得点を挙げている。

▼ラビーン vs. クラークソン

試合は、ウルブズが81-68でレイカーズに勝利した。

Image via YouTube

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • showtime23

    初めてコメント失礼します。 タウンズは良いパスだせそうですね。 ウィキンズとの合わせが楽しみ。 ラッセルはアービングとハーデンのスタイルに似てそうですね。 LALとしてはオカファーを取らないで獲得した選手だけに、3年以内にシーズン平均20点位の選手には成長してもらいたいところ。

Back to Top ↑