ブログ %e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%b3-%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%89

Published on 9月 30th, 2016 | by Tunaパスタ

3

キッドHC、バックスのトレーニングキャンプにストックトンを招待

通算アシスト数歴代記録保持者のジョン・ストックトンが現地28日、ミルウォーキー・バックスのトレーニングキャンプに参加し、チームの指導に当たった。

バックスのガード陣は最高にラッキーだ。普段はジェイソン・キッドから直接教わり、今年のキャンプでは数日間だが史上屈指の司令塔から学べる。若手ポイントガード達にとって、これほど恵まれた環境は他にないだろう。

「各ポジションの選手たちの成長を手助けしたいなら、(指導役として)“ザ・ベスト”を見つけること。これから数日間にわたって、ジョンがチームに参加してくれることになり、とても幸運だ」

「PGポジションで最高の選手がここに来てくれるんだ。とてもラッキーだよ」
– ジェイソン・キッドHC

▼ストックトンvsキッド、1996年

19シーズンをユタ・ジャズでプレーしたストックトンは、キャリア通算アシスト数で歴代最多となる15806本を記録。対するキッドHCは、ストックトンに次いで歴代最多2位の通算12091アシストを獲得した。さらにこの2人は、キャリア通算スティール数でも、それぞれ歴代1位、2位となっている(ストックトンが3265本、キッドが2684本)。

参考記事:「Journal Sentinel

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ケンタブー

    す、凄すぎる…!
    2人の指導がまともにハマったら恐ろしいチームアシスト数になりそうですね。

  • ラスト

    この2人に指導されるガードとしては最高の気分でしょうね。歴代屈指のPGが指導してくれた事は、全て身につくという訳ではありませんが、成功に繋がるきっかけになるのはないのでしょうか。ミドルトンは故障で離脱してしまいましたが、それでも来季のバックスに更なる期待が持てますね。

  • 青えんぴつ

    この二人に指導されたgreak freekの今季が新生ウォリアーズと同じくらい楽しみです。

Back to Top ↑