ブログ コービー・ブライアント

Published on 7月 14th, 2013 | by Tunaパスタ

7

【天才=努力】「なぜコービーはすごいのか?」がよく理解できる裏話10個

1%の才能と99%の汗」という名言があるが、この言葉こそコービー・ブライアントに相応しい。34歳になった今でも、NBA屈指のプレーヤーであり続けられる秘訣は、努力以外のなにものでもないからだ。

そこで今回は、過去のインタビュー記事などから、コービーの常軌を逸したバスケ熱と努力がよくわかるエピソードをいくつか紹介したい。


1.シーズン中は1日4時間のトレーニング。オフシーズンはさらにプラスアルファ

コービー トレーニング

シーズン中のコービーは、筋力増強に焦点をあてトレーニングしているという。チーム練習やシューティングとあわせ、1日4時間をトレーニングに費やす。ちなみに1日のシュート本数は、700~1000本。

ソース:「Men’s Fitness


2.徹底した食事制限

ジャンクフード

コービーは30歳を過ぎたあたりから、ジャンク・フードや甘いものを口にしなくなったという。食事のメニューは、もっぱら赤身肉や魚、野菜など。NBAの第一線で長年活躍し続けられる秘訣をESPNのインタビューで明かした:

「僕がやってきたことといえば、激しいトレーニングと食事制限だ。この辺が、みんなが衰えていく原因になっていると思う。みんな自分の体を把握しようとしない」
-コービー・ブライアント

「連中は若いころと同じ食事をしながら、若い頃と同じようにプレーできると思い込んでいる。食生活がプレーに影響するという事実を受け入れようとしないんだ。僕は自分の体と正直に向き合うことができた。いろいろな食べ物を制限して、ヘルシーな食生活をおくるようにしている。もちろん辛いさ。でもその価値はある」
-コービー・ブライアント

大好きだったクッキーやピザも止めたそうだ。

ソース:「ESPN


3.ロンドン五輪に向けて7kgの減量

コービー オリンピック

by albertizeme via Flickr

オフシーズンであっても常にベストな体型を維持するコービーだが、2012年ロンドン五輪の際は、次のシーズンを見越してさらなる減量に取り組んだそうだ。英ガーディアン紙のインタビューで、コービーは次のように語った:

「夏のオリンピックが終わり次のシーズンがすぐに始まる。来季も6月(NBAファイナル)までプレーするつもりだ。だから膝への負担を軽減しておかなくちゃならない。それには体重をそぎ落とす必要があるんだ」
-コービー・ブライアント

ソース:Guardian


4.あるNBAスカウトは語る:
「アレン・アイバーソンはスポットライトの下でプレーすることを愛する。コービーはスポットライトが輝く前に仕事をこなすことを愛する」

コービー スポットライト

via YouTube

ソース:「SI


5.ピアノを始めて1年でベートーベンの『月光』を耳コピ

本人いわく

「月光を耳で覚えた。力強さ、もろさ、喜び、愛、痛みを思い出させてくれる。ヴァネッサ(妻)のために覚えたんだ」

※ここから先は『月光ソナタ』を聴きながらお楽しみください…


6.高校時代はチームメイト相手に100点先取の1 on 1を強要

コービー 高校時代

via YouTube

ローワー・メリオン高校時代のチームメイト、ロブ・シュワルツさんは語る:「100点先取のワン・オン・ワンをよくやっていた。私が1点入れる間に、コービーが80点とるなんてこともあった。最も僅差だったのは、100対12で負けたときでしたね」

シュワルツさんは、部活の練習後や早朝などにしょっちゅうコービーから呼び出され、ワン・オン・ワンの相手をしていたそうだ。今考えればラッキーすぎるほどの体験だが、練習後の100点ゲームは相当きつかったに違いない。

また、高校生の頃からコービーの負けず嫌いはすさまじいものだったという。ある日、練習で3対3の試合をしたときのこと。シュワルツさんのミスで、コービーのチームが負けてしまった。普通なら、練習での勝敗などそれほど気にするようなことでもないが、コービーは違う。シュワルツさんを廊下まで追いかけていき、怒鳴り散らしたそうだ。さらにその後も、20分ほど睨まれ続けたらしい。

「コービーの視線をずっと感じるんだよ。まるで、全国大会の決勝戦にでも負けたかのようなリアクションだった」
‐ロブ・シュワルツ

ソース:「SI


7.プロになってからも、チームメイトに練習後のワン・オン・ワンを強要

コービー ワン・オン・ワン

by Keith Allison via Flickr

NBA屈指のプレーヤーになった後も、コービーのハングリー精神は少しも変わらない。レイカーズがNBA制覇を果たした2000年、FAでチームに加入したアイゼイア・ライダーに対して、コービーは来る日も来る日も練習後のワン・オン・ワンを強要したといわれている。もちろんいつも勝つのはコービー。

さらにその翌年にレイカーズ入りした元オールスターのミッチ・リッチモンドも、同じくコービーの餌食となったそうだ。リッチモンドはその当時のことをこう語る:

「奴こそがエースだった。そしてそのことをチームのみんなにわからせようとしていたんだ」
‐ミッチ・リッチモンド

誰がボスなのかを体で覚えさせる。ナンバーワンになるには、そういったエゴも必要なのかも…。

▼ときには一般人ともワン・オン・ワン。でも手加減一切なし

ソース:「SI


8.ノビツキー流、片足ステップバック・シュートもマスター

2012年には、ブロック不可とされるダーク・ノビツキー十八番の片足ステップバック・シュートも習得した。


9.ボールなしでドリブルやシュートの練習

コービーとシャック

レイカーズ黄金期のチームメイト、シャキール・オニールは自身の著作『Shaq Uncut』の中でこんな逸話を残している:

「体育館に行くと、コービーがボールなしでドリブルやシュートのモーションを練習してるんだ。変なやつだなと思ったが、その練習が役に立ったのは確かだ」
‐シャキール・オニール

シャドーボクシングのようなものだろうか。またシャック曰く、コービーはほぼ毎日、誰よりも3時間早く練習入りし、オフェンスの研究などをしていたという。レイカーズ時代の2人の不仲説は有名な話だが、シャックはコービーの実力と努力に関しては常に尊敬していたと語っている。

ソース:LA Times


10.「100分の1秒」へのこだわり

コービー靴

via Nike

Nikeのスポークスマンによると、2008年に新作バッシュを開発した際、コービーはナイキに完成品の靴底部分を数ミリ削るよう指示した。理由は、「相手の動きに反応する速度が100分の1秒早くなるから」だそうだ。

ソース:「SI

※   ※   ※

次は、コービーが最終目標とするマイケル・ジョーダンのエピソードをどうぞ!マイケル・ジョーダンの競争心

マイケル・ジョーダンの人間離れした競争心がよくわかるエピソード9つ

参考記事:「businessinsider.com

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 水越玲雄#9

    是非この記事のStephen Curry選手バージョンをお願いしたいです。

    • tunadrama

      こんにちは!
      私もカリーは大好きです
      いろいろ掘り下げて、今度ぜひ記事にしてみます

      • 水越玲雄#9

        ありがとうございます!!また僕もカリー選手と同じように捻挫癖がひどく何度も悩まされているので、もしよろしければ捻挫してた時期のwork outなども記事にしていただければ幸いです。

        • tunadrama

          捻挫癖は辛いですよね。私も経験があるのですごくわかります…。

          以前、「カリーの捻挫癖は、走る時や方向転換する時の重心のかけ方に原因がある」とする専門家のブログ記事を読みました。

          その人いわく、カリーは方向転換する時、踏ん張る方の足の外側に重心をかける癖があったそうなんですよ。
          http://3.bp.blogspot.com/-LkTUivQclcI/TerGRAXXAWI/AAAAAAAAAEM/Yc7arvHPfNs/s1600/1c.jpg

          それから、走ったり歩いたりする時も外側から着地していることを指摘していました。
          http://2.bp.blogspot.com/-Pu0cfvSLKxI/TerGnYG657I/AAAAAAAAAEU/iS38B9DHZZo/s1600/3c.jpg

          こうやって長年足の外側に負担をかけ続けたことが足首の構造に悪影響を及ぼし、捻挫癖につながったのではないか、とその記事では結論付けていました。
          http://danielkamenetzky.blogspot.jp/2011/06/stephen-curry-ankle-injuries-analysis.html

          カリーのワークアウトについても調べてみます。少し時間がかかるかもしれませんが、何かいい情報が見つかればまたお知らせします。

          • 水越玲雄#9

            本当にご丁寧にありがとうございます!!よしよろしければバスケご一緒にしてみたいですね!!

          • 水越玲雄#9

            またツイッターフォローさせていただきます!!

  • Pingback: 一流の練習量は半端じゃないけど…()

Back to Top ↑