ブログ カーメロ・アンソニー

Published on 1月 21st, 2016 | by Tunaパスタ

2

カーメロ・アンソニーが通算得点でラリー・バード超え

ニューヨーク・ニックスのカーメロ・アンソニーが、現地20日のユタ・ジャズ戦でゲームハイの30得点を記録し、キャリア通算2万1793得点に到達。ボストン・セルティックスのレジェンド、ラリー・バードを追い抜いて、歴代得点ランキングで31位に浮上した。

▼通算得点28~32位(レギュラーシーズン)

プレーヤー 得点 試合数
28 エルジン・ベイラー 23149 846
29 クライド・ドレクスラー 22195 1086
30 ゲイリー・ペイトン 21813 1335
31 カーメロ・アンソニー 21793 870
32 ラリー・バード 21791 897

アンソニーは、バードよりも少ない試合数での31位到達となった。このままいけば、今季中に29位のドレクスラーを超える可能性が高い。なお2003年ドラフト組からは、アンソニーを含めてすでに合計3選手が歴代トップ50入りを果たしており、レブロン・ジェイムスが2万5874点で17位、ドウェイン・ウェイドが1万9537点で44位となっている。

20日のジャズ戦でアンソニーは、ゲームハイの30得点(FG20本中13本成功)に加え、9アシスト、7リバウンドを記録するオールラウンドパフォーマンスを披露。第4QとOTの正念場で10得点、5アシストを獲得し、チームを延長戦での勝利に導いた。

ニックスは他に、ロビン・ロペスが22得点/12リバウンドのダブルダブル、クリスタプス・ポルジンギスが16得点/3ブロックをマーク。敗れたジャズは、ロドニー・フッドがチームハイの29得点、ゴードン・ヘイワードが27得点をそれぞれ獲得した。

今季のメロはシュート本数が減っており、平均得点がこれまでよりも落ちているが、その分平均アシスト数(4.2)とリバウンド数(7.8)でキャリアハイを記録中。ディフェンスも改善した印象で、オールラウンドなプレーヤーとして成長している。

Image by Keith Allison/Flickr

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑