ブログ スパーズ サンダー 第6戦

Published on 5月 13th, 2016 | by Tunaパスタ

15

サンダーが第6戦でスパーズに圧勝、2年ぶりのWCファイナル進出へ

オクラホマシティー・サンダーが現地12日、本拠地チェサピーク・エナジー・アリーナで行われたサンアントニオ・スパーズとの第6戦に113-99で快勝。1勝2敗からの3連勝でシリーズを制し、2年ぶりのウェスタンカンファレンス・ファイナル進出を決めた。

この日のスパーズは、試合開始8分で19-13の6点リードを奪う好スタートを切るも、最初にカワイ・レナードをベンチに下げたあたりからオフェンスの機能が完全に停止。第1Q終盤からにハーフタイムにかけての16分間で、フィールドゴールをわずか5本しか決められず、サンダーに42-12のランで主導権を握られ、前半終了時で55-31の24点ビハインドに陥った。

スパーズにとって前半31得点は今季最低、ハーフでの24点ビハインドは2002年以降のプレーオフの試合で球団ワースト記録となる。

そこからスパーズは、何とか流れを変えようと、得点力&スペーシングを重視したオルドリッジ/レナード/グリーン/ジノビリ/パーカーのスモールラインアップで後半を開始。するとオフェンスが大幅に改善して、第3Qに34得点をスコアするも、その一方でディフェンスとリバウンドがおろそかになり、サンダーの勢いを止めることができず、点差を26点に広げられて最終ピリオドに突入。サンダーは第3Qだけで9本のオフェンスリバウンドを獲得している。

第4Qに入ると、スパーズはアンドレ・ミラーをPGに置いたラインアップでまさかの猛反撃を開始し、23-8のランを展開。残り時間3分45秒で11点差にまで追い上げたが、そこからラッセル・ウェストブルックがスリーやレイアップで連続得点をあげ、スパーズのカムバックを終わらせた。

▼ダンカンとミラーの40×40アタック

Q1 Q2 Q3 Q4
SAS 19 12 34 34 99
OKC 25 30 36 22 113

サンダーは、ケビン・デュラントがゲームハイの37得点、ウェストブルックが28得点/12アシストをマーク。ロールプレーヤーたちも大活躍し、スティーブン・アダムスが15得点/11リバウンド(5オフェンスリバウンド)、アンドレ・ロバーソンが3本のスリーを沈めてプレーオフ自己最多の14得点を記録した。

▼デュラント

開幕前は「スパーズ有利」との見方が強かった今回のシリーズだが、サンダーはチーム全体がステップアップして素晴らしいプレーを披露した。ビリー・ドノバンHCも見事な指揮をみせたと思う。

大敗を喫した第1戦以降は、ディフェンス戦略をアジャストして、オルドリッジのピック&ポップを優先的にガード。クラッチタイムでは、サージ・イバカの代わりに、アダムスとエネス・カンターのダブルセンター・ラインアップを起用して、インサイドの守備とリバウンドでスパーズを圧倒した。

サブスティテューションでも、デュラントとウェストブルックのどちらかが必ずフロアにいるよう出場時間とイン/アウトのタイミングをうまく調整。さらにシリーズ序盤で、バックアップガードのキャメロン・ペインが通用しないと判断すると、第4戦からはローテーションから外した。これらすべてのアジャストメントが、シリーズの勝敗を大きく左右する要因となった。

WCファイナルでは、サンダーのビッグラインアップがウォリアーズのスモールラインアップとどのようにマッチアップするのか、とても楽しみだ。

なおこの日のアダムスは、激しい偏頭痛に悩まされていたらしく、点滴を受けてから試合に臨んだという。

▼スティーブン・アダムス

一方で敗れたスパーズは、レナードが22得点/9リバウンド/3スティール、オルドリッジが18得点/14リバウンドをマーク。グレッグ・ポポビッチHCは、ボバン・マリヤノヴィッチをボリス・ディアウよりも先に出場させたり(第6戦でディアウはDNP)、序盤にケビン・マーティンを投入したり、さらにはマヌ・ジノビリにPGをやらせたりと、あの手この手で流れを変えようと試みたが、すべてうまくいかなかった。

ダンカンの去就は?

この日のティム・ダンカンは、34分の出場で今季プレーオフの自己ベストとなる19得点、5リバウンド、FG成功率50%を記録。26点ビハインドで迎えた第4Qでは、1度もベンチに下がることなく、12分間フル出場した。

「悪いタイミングで悪い試合、悪いクォーターが出てしまった。でも僕たちは、常に対戦相手を称えるべきだ。間違いなく、OKCはそこでギアを上げてきた。そして僕たちのエクスキューションは、強引なバッドショットばかりになってしまった。そこからは雪だるま式に落ちていったよ。僕たちは自分で自分を追い詰めてしまったんだ。後半にはそれなりのプレーができたが、それだけでは不十分で遅すぎた」
– ティム・ダンカン

ダンカンが、大量得点差の試合で、最後までフロアに立ち続けるというのは極めて稀だ。もしかして、これがラストゲームになってしまうのだろうか…。ダンカンは試合後、来季も現役を続けるか否かについて記者から尋ねられた際に、「ここを出て、人生について熟考してから、検討してみるよ」とコメントしている。

ダンカンは来季の契約がプレーヤーオプションとなる。できれば、マヌと一緒に来季も戻ってきてほしい。

球団史上ベストとなる67勝のシーズンが、第2ラウンド敗退という形に終わってしまったのは非常に残念だ。ただ最後の試合で、20点ビハインドに陥っても諦めず、終了のブザーが鳴るまで全力で戦うダンカンの勇姿を見れたのはすごく嬉しい。

▼ダンカンの試合前ルーティーン

オルドリッジの加入にレナードの大躍進、ボバン旋風など、今季もいいシーズンだった。また来季のスパーズに期待…。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • マブスマン

    一年間応援してるチームが負けるのはつらいですよね
    サンダーは、追いつくのが本当に難しいチームですね すぐデュラントかウェストブルックがフリースローで戻してしまう
    ダンカンとアンドレミラーの出場には胸を打たれるものがありました。
    TimmyはやはりBIG GAMEにステップアップしてきましたね。しびれました!
    後半出たきりだったので、嬉しいながらも、最後だから出してるのか…?と考えるとすごく悲しかったです
    自分もマヌとダンカンにはせめてあと一年だけでも続けて欲しいです、
    スパーズはいつでも優勝候補に入ることのできるチームなので、優勝して引退が理想ですよね!
    Thunderとは4-2のシリーズを繰り返してるので、来年こそは…!! リベンジが楽しみです
    オフにどんな動きをするのか、注目です!

    • 完敗だったとはいえ、ダンカンとミラーの40歳ピック&ロールには心が躍りました!レナードやグリーンも最後まで頑張ってくれました。
      今季はもっと上まで行けると思っていたので、2回戦敗退はすごく残念ですが、その反面、ここから先のプレーオフをイライラすることなく、純粋に楽しめそうなので、どこかホッとしています笑

      ダンカンの去就は気になるところですが、来季の契約が600万ドルのプレーヤーオプションなので、これを蹴ることはないかなと思いたいです。とりあえずオフシーズンの補強が楽しみですね。このシリーズに敗北したことで、何が必要かだいぶ見えたと思います。

  • MJ32

    スパーズに物凄く精通しているわけではないので誤認識があったら申し訳ないのですが、負け方ですらスパーズらしくないな、という感想です。
    私の中ではスパーズバスケットボールって、幻惑的なポップコーチの元、バスケを150%理解しているロースター全員が、じわじわと相手を追い詰めていって、いつの間にか勝つ。相手にしてみたら気付いたら自分達の長所は全て消されていて、完全破壊されるような負け方ではない、でもどこをどう改善したら対抗できるかわからない、そんなチームです。オクラホマのような超スーパースターを2人擁して爆発的なオフェンス力で相手をなぎ倒すようなストロングスタイルの相手はむしろお得意さまで、合気道の達人のように、向かってくる力をいなしてかわして勝つのはポップが大好きなパターン、みたいな。
    今回のシリーズは、オクラホマのリズムに合わせて(或いは付き合わされて)しまった感があります。勿論それが相手の戦略だったのでしょうが。
    アメリカのバスケサイトが、終盤の大事なところでレナードやオルドリッジにボールを渡さずミスを繰り返し反撃の芽を潰したパーカーを「最早スパーズは自分のチームじゃない事を自覚しろ」って責めていましたけど、そういうのじゃない気がするんですけどね。
    今年のレギュラーシーズンの大活躍は素直に嬉しかったんですが、プレイオフ前から大躍進を続ける彼等に対し「スパーズらしくないなー」と感じてもいました。むしろ第8シードから優勝する事を美徳としているチームと勝手に考えていたので。
    もう1年でいいから今のロースターで見たいです…。

    • 今回のシリーズは、サンダーの若さとサイズにやられてしまった印象です。本来ならばスパーズは選手層の厚さで有利なはずでしたが、セカンドユニットがまったく活躍できず、反対にサンダーはカンターやウェイターズなどベンチプレーヤーが攻守でステップアップしましたね。ラスとKDさえ抑えれば勝てると思っていましたが、本当に注意すべきはアダムスとカンターのリバウンドでした。

      ディフェンスは決して悪くありませんでしたが、とにかく点が取れなかったです。レギュラーシーズンからミドルレンジに頼り過ぎていたかもしれませんね。調子がいい時は問題ありませんが、一度リズムが悪くなるとオフェンスがまったく機能しなくなります。特にシリーズ後半はオープンショットさえも躊躇していた様子で、それがさらに悪いタフショットにつながり、ミスしたところをサンダーにトランジションでやられるみたいなパターンが多かった気がします。

      おっしゃる通り、今回の敗北をパーカーのせいにするのは見当違いだと思います。終盤でオルドリッジにはパスが回っていましたし(オープンショットを決められませんでしたが…)、レナードにボールが渡らなかったのはOKCが見事なオフボールDをみせたのが大きい部分もあります。

      ただダニー・グリーンをもう少しオフェンスに絡めても良かったのではと思いますね。

  • ステファンカリーはバスケ史上最高のシューター

    スパーズ負けちゃいましたか……
    ハーフタイム時点で20点差がついたのを
    スコアボードでみて、昨年のロケッツの
    クリッパーズへのカムバックをスパーズが
    演じてくれるんじゃないかと連想しました
    けど、、サンダーが強かったですq(^-^q)
    また来年のスパーズに期待ですq(^-^q)
    シモンズ、ボパン、アンダーソン、その他
    若手の世代交代を進めつつ、50勝達成しつつ、ベテラン勢にも頑張ってほしいです(^^)
    ダンカンとマヌは現役続行してほしい‼
    offの補強にも注目です;-)
    セスカリー来てくれないかな、、

    • 負けてしまいました…。後半はオフェンスが良くなりましたが、リバウンドが取れませんでしたね。来季はレギュラーシーズンのうちから、オルドリッジをC、レナードをPFに置くスモールラインアップをもっと試してもいいかもしれません。プレーオフ第6戦の後半から、いきなりあのアジャストメントを機能させるのはやはり難しかったようです。
      とりあえずオフの人事に期待ですね!マイク・コンリーが欲しい…。

  • PANTA

    スパーズ優勢と見ていたので、この番狂わせは衝撃でした。
    最後まで奮闘したスパーズの姿にこみ上げてくるものがありました。
    ダンカンまだ引退しないで!来年も強いスパーズがみたいです。
    サンダーは大敗したGAME1以降成長し、ラスとKDだけのチームとは言えなくなりました。RSに全敗したGSにどこまで食らいつくのか…POはホントに楽しいです

    • サンダー強かったです。第2戦からの立ち直りは見事でしたね。サンダーがディフェンス戦略やローテーションを変えてきたのに対して、ポポビッチHCは何もできていなかった印象です。

      ただカンファレンス決勝でウォリアーズを相手にするなら、スパーズよりも、むしろサンダーの方が面白くなるかもですね。両チームとも主力選手がまさに全盛期ですし、アップテンポな火力勝負が見れそうです。できれば長いシリーズになって欲しいです。

  • お茶

    スパーズが負けるとは思いませんでしたね…
    ビッグ3の上にレナードとオルドリッチが噛み合っての球団最高勝率のチームだったわけで…
    しかしサンダーは選手の能力でいえばヒート解体後では間違いなくナンバーワンだと思いますから、ハマってくるとやはり強い
    というよりデュラントとラスが共存して元ブロック王もいるチームが優勝なしはあまりにも寂しい。一回はリングとってほしいです
    サンダースパーズ戦はイバカ離脱のときにスパーズが勝ち越してイバカが戻り息を吹きかえすも結局負けてしまった2014のイメージが強かったので、イバカがキーマンなのかなと思っていたのですが、出さなくても安定するインサイドが固まったサンダーは強いですね
    KDもRSBもバスケに熱意をとても感じる好きなプレイヤーなのでなんとかこのコンビでの優勝がみたいなあ
    レイカーズが再建のうちに(笑)

  • 36s

    相当ショックです。。。。。ダンカン続けてほしいなぁ。

    グリーンさえ不調でなければと思ってたんですが、
    アダムスとカンターがここまで点を取れるようになるとは驚きでしたね。
    去年はKDがいない時間帯はラスのドライブからのキックアウトのみだったんですが
    今年はインサイドへの合わせが加わってそれが止められなかったなー。

  • masayann

    まさかの展開ですね、、、僕もさすがにOKCでもスパーズ倒すのはきついと思っていたので正直びっくりしました。これでカンファレンスファイナルはGSWvsOKCですか、、、どっちがゆうりですかね?

  • ぽっぽ

    自分はスパーズファンですが、だからこそ今回の敗退は想定していました。
    あまりにも調子が良かったので忘れがちですが、まだオルドリッジ加入一年目ですし、その獲得のためにスプリッター、ジョセフ、ベリネリ等ベンチが薄くなってしまったこと、また最近のスパーズのキープレイヤーのフランス組も地味に高齢化しています。
    総合的にみて前年より弱くなってるなと思っていました。
    スパーズはチームに大ナタ振るった年はレギュラーシーズンで爆発してプレーオフでサクッと負ける傾向があると思うんですよ。以前2011シーズンのダンカンからジノビリに1stオプションを変更して速攻、アーリーオフェンス主体に変えた年も圧倒的な強さでレギュラーシーズンを終え、プレーオフで同じようにアスレチック能力の高いサンダーにやられています。

    ただし、この変化は絶対に必要だったとも思っています。実際2011シーズンの後にもリングを獲得することができていますし、スパーズが長年強豪であり続けながら隔年でしかリングを獲得できていないのは一時的に弱くなろうとも先を見越したチームを作っていけるからでしょう。なので本当の勝負は今から二年後くらいかなと。ジノビリ、ダンカンの事を考えるといたたまれませんが…
    もちろん現場の選手監督はそんなこと考えず毎年勝ちに行ってるでしょうが、現実的に考えるとこういうこともあるかなと思うのです。

    またサンダーは純粋に良く組織されたいいチームです、アダムスは数年前見たときはかなり粗削りですが身体能力が化け物じみていたし、とにかく若いのでプレーオフ常連のサンダーで経験を積めば来るだろうと思っていました。

    もし来年スパーズがリングを狙いに行くのならDFに穴をあけずに停滞したOFの流れをベンチから変えられる人と攻守でインサイドゴリゴリやれる人が欲しいですね。
    サラリーキャップとかのルールには詳しくないのでこれが現実的にできる補強かは私には分かりませんけど、スパーズならどっかから安くて埋もれてる選手を取ってきそうな気もしますね。

  • YusukeIndia

    スパーズ負けちゃいましたね… しかもこの大一番でこんな大敗なんて誰が予想したでしょうか? RS史上最高勝率を叩き出し、かつ終盤では明らかにPOに照準を絞った戦い方をしていたのに…
    なのに突然この数試合、特に昨日は、全然スパーズらしい戦いが出来ていなかったのが凄く残念です。本当に残念です。これもバスケットボールなんですね…
    悔しい気持ちはありつつも、一年通じてお疲れ様でした、と選手達の健闘を讃えたいです。

    そしてOKCおめでとうございます!(^ ^) やっぱりMVP2人を擁するチームは強いですね! 次のGSWとのシリーズが凄く楽しみです!

  • ラスト

    スパーズ優勢と見ていたのでかなりショックですね……
    レギュラーシーズンもスパーズ史上最高の勝率で終えていましたし、ウォーリアーズの連覇を阻止できるチームだと考えていました。
    ダンカンには引退しないで欲しいです。

    カンファレンスファイナルはGSW対OKC。
    このカードもめちゃくちゃ楽しみですね
    どちらのチームも全力でプレーして良い試合にして欲しいと思います!

  • たー

    本当にショックの一言です。

    この日は、試合ごとにステップアップし勢いづくサンダーに色んな面で圧倒された気がします。
    前回以上にスパーズらしいゲームをさせてもらえませんでした。
    途中、見ているのが辛くなりました…(笑)

    そして4Q終盤、イバカにブロックされた後のダンカンの表情が何とも言えませんでした。
    頭に引退の二文字がよぎってなければいいんですが…(涙)

    ダンカンとジノビリには少なくとも後1年頑張って欲しいです。
    そしてできる事ならリングを取って有終の美を飾って欲しいです!

    今季もスパーズにはたくさんテレビの前で興奮させてもらいました。来季も本当に期待ですね。

    個人的にはシモンズにもっと活躍してもらいたいです。
    あと素朴な疑問ですがウエストは来季どうするんでしょうかね?

Back to Top ↑