ブログ タウンズ ダンク

Published on 3月 30th, 2016 | by Tunaパスタ

5

ルーキーのタウンズがカウント・ワンスローのダンクでテレトヴィッチをポスタライズ

ミネソタ・ティンバーウルブズの超大型新人カール・アンソニー・タウンズが、現地28日に行われたフェニックス・サンズ戦で、その輝かしいルーキーシーズンを象徴するかのようなスーパープレーを披露して会場を沸かせた。

第1Q終盤、エルボーでパスを受けたタウンズは、フェイクからドリブルでジョン・ルーアーをきれいに抜き去り、リストリクティッド・エリアの外から勢いよくジャンプ。ブロックしようと跳んだミーザ・テレトヴィッチの上から、カウント・ワンスローの豪快なワンハンドダンクを叩きこんだ。

▼タウンズ、サンズ戦ハイライト

タウンズはこの試合で27得点、10リバウンド、5アシストのダブルダブルを記録。他にアンドリュー・ウィギンスが32得点、リッキー・ルビオが17得点/11アシストを獲得し、ウルブズは121-116で今季25勝目(49敗)を手にした。敗れたサンズ(20勝54敗)は、ブランドン・ナイトとルーキーのデビン・ブッカーがそれぞれ30得点をあげている。

▼デビン・ブッカー、30得点

20歳の怪物ルーキー

タウンズはとても20歳のルーキーとは思えないような素晴らしいシーズンを送っている。今季74試合での平均スタッツは、18.3得点、10.3リバウンド、FG成功率54.8%、FT成功率82.5%。Basketball Referenceのデータによると、得点/リバウンドでのダブルダブルを平均したルーキーは、2010-11のブレイク・グリフィン以来初で、過去20シーズンでもわずか6選手しかいない。

▼過去20シーズンのダブルダブル・ルーキー

プレーヤー PTS REB FG%
K・A・タウンズ
(2015-16、20歳)
18.3 10.3 54.8%
ブレイク・グリフィン
(2010-11、21歳)
22.5 12.1 50.6%
ドワイト・ハワード
(2004-05、19歳)
12.0 10.0 52.0%
エメカ・オカフォー
(2004-05、22歳)
15.1 10.9 44.7%
エルトン・ブランド
(1999-00、20歳)
20.1 10.0 48.2%
ティム・ダンカン
(1997-98、21歳)
21.1 11.9 54.9%

タウンズの凄いところは、他のビッグたちに比べてミドル~ロングレンジショットが大幅に多いにもかかわらず、高いFG成功率を維持できているところだ。フリースローの成功率でも、上記のリストの中で唯一8割を超えている。

▼タウンズ、2015-16ショットチャート

タウンズ ルーキーシーズンショットチャート

シーズン後半はさらに存在感が増しており、オールスターブレイク後の20試合で21.7得点、10.8リバウンド、2.9アシスト、FG成功率55.8%とスター級の数字を残している。今シーズンで20得点/10リバウンド以上を平均しているのは、アンソニー・デイビスとデマーカス・カズンズのみだ。

タウンズがこれから2~3年でどんな成長を遂げてくれるのか、楽しみで仕方がない。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑