ブログ ビンス・カーター ジャンプ力

Published on 10月 2nd, 2015 | by Tunaパスタ

9

ビンス・カーター、38歳でもジャンプ力は健在!

30代半ばでスーパースターからアウトサイドショット重視のロールプレーヤーへと完全に生まれ変わり、38歳になった今でも控えウィングとして活躍を続ける元ダンクチャンピョンのビンス・カーター。メンフィス・グリズリーズでプレーした昨季は、インゲームでのダンク成功数がシーズン合計5本と、全盛期と比べて1割以下の本数にまで激減しているが(シーズンのダンク数一桁はキャリア初)、当時の超人的な跳躍力がすべて失われてしまったわけでは決してない。

その証拠にカーターは先日、カリフォルニア州サンタバーバラにあるP3スポーツ科学センターのジムで驚きのジャンプ力をみせつけた。

At the age of 38, Vince Carter can still fly! #HalfManHalfAmazing

A photo posted by P3 (@p3sportscience) on

ジャンプの詳細が公表されていないので、どのくらい跳んでいるのかはわからないが、ネット上では81~84cmくらいではないかと予想されている。全盛期のカーターは、垂直跳びで109cmを記録したそうだ(マイケル・ジョーダンは122cmだったとか)。

カーメロ・アンソニーよりも高く跳べているっぽい。

昨季新人王のアンドリュー・ウィギンスは、同じ施設で111.76cmを記録したという。

Andrew Wiggins (@22wiggins), no #NBACombine necessary… #Bounce #P3 #SportsScience #RafterClub

A photo posted by P3 (@p3sportscience) on

▼ビンス・カーター、トップ100ダンク

Via P3/Instagram

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ぽぽちゃん

    沸々と感じる、管理人のカーター愛

    • カーターは私がNBAを観始めた頃に、すごく衝撃を受けた選手の1人なので、やっぱり特別な思い入れがあります。もうすぐいなくなると考えたら辛いですね…。

  • AI

    ウィギンスがおかしな事やってる
    垂直飛びは最高到達点よりもフィジカルがわかりやすくていいね

    それよりカーメロ痩せたか!?

    • カーメロはやはり痩せましたかね?膝手術からリハビリに半年かかりましたが、今季は100%のメロが見れることを期待したいです。今年のニックスは30勝いけるかな?

  • 跳躍力だけでなく、ボディーバランスなどもとんでもなかったですもんね。NBAだけでなく、人類史上でもトップクラスの身体能力だと思います。身長2メートル超えた人間があんな風に動くのは反則ですよ!

    • 36s

      カーターの特徴といえば手のデカさと肩のやわらかさですよね。
      羽のように反ってからのダンクはやっぱり唯一無二のダンクですよ。

  • 36s

    大学時代から年々衰えてるらしいですけど、やっぱ凄いですね。
    カーターは大好きな選手なんで今後も頑張ってほしいです。

    • 大学時代が絶頂期だったんですね!知りませんでした。歴代最高のダンカーとして殿堂入りは確実でしょうか…。

      カーターはキャリア通算のダンク成功数が951本で、ブロックされたのはわずか16回しかないみたいです。

      • 36s

        当然殿堂入りでしょう!!あとはリングがあれば言うことないんですが。
        3pシューターでいいんでグリズリーズでもう一度活躍してほしいと思ってます。

Back to Top ↑