ブログ 2017NBAファイナル 第1戦

Published on 6月 3rd, 2017 | by Tunaパスタ

13

【2017NBAファイナル第1戦】ウォリアーズがホームで圧勝

現地6月1日にオラクルアリーナで行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ対クリーブランド・キャバリアーズの2017NBAファイナル第1戦は、ウォリアーズが試合を通して攻守で圧倒し、113-91で勝利。昨年のファイナルと同じく、ホームチームが快勝を収める形でシリーズがスタートした。

KDが大暴れ

この日のウォリアーズは、ケビン・デュラントがMVP級のパフォーマンスでオフェンスを牽引。序盤からトランジションやバックドア・カット、ペネトレーションでダンクを連発し、チームに勢いを与えると、後半からは外のショットも高確率で沈め、最終的にゲームハイの38得点、8リバウンド、8アシストを記録した。

レブロン・ジェイムスをはじめ、イマン・シャンパートやリチャード・ジェファーソンらがデュラントのガードを試みたが、誰も対応できず。前半にスリーポイントラインを警戒しすぎて、デュラントにイージーな得点を何本も許してしまったキャブスは、後半からペイントエリアの守備を固めようとするが、すると今度はマークが薄くなったステフィン・カリーにトランジションでロングレンジを沈められるという悪循環に陥った。

▼カリーは第3Qに14得点

ウォリアーズはデュラントの他に、カリーが28得点、10アシストを記録。二桁得点に達したのはKDとカリーのみで、クレイ・トンプソンはFG16本中3本成功の6得点と、引き続きシューティングが振るわなかったが、守備面ではレブロンやアービング、ラブまで幅広くスイッチしながら素晴らしい仕事をした。ESPNによると、前半のキャブスは、トンプソンにガードされた際のフィールドゴール成功数が9本中わずか1本だったという。

GSWのディフェンス

前半だけで15本のレイアップに失敗し、スリー成功数がチーム合計で33本中12本と、オフェンス面では決して100点満点とは言えなかったウォリアーズだが、守備はいつにもまして強烈だった。

トンプソンやデュラント、ドレイモンド・グリーンのアイソレーション・ディフェンスだけでなく、ヘルプやローテーション、シューターへのクローズアウトなどチームワークもほぼ完璧。パスレーンを的確に潰しながら、キャブスにタフショットやターンオーバーを連発させ、そこから素早くトランジションオフェンスに繋げて、試合のペースを握った。この日のウォリアーズは、ファーストブレイク得点で27-9とキャブスを大きく上回っている。

キャブスは昨年のファイナルと同様、カリーに対して集中的にピック&ロールを仕掛け(カリーのマークマンにスクリーンをセットさせ)、レブロンかアービングとのマッチアップに引きずり込む戦略で突破口を開こうとしたが、ウォリアーズはオフボールで事前にスイッチするなどしてカリーを保護:

▼グリーンがKDとカリーにオフボールでスイッチするように指示し、カリーをレブロンに付けたいキャブスの狙いを事前に阻止。

次にローポストでミスマッチを攻められそうになると、グリーンは逆サイドから迅速にヘルプに入り、キャブスにターンオーバーを出させた。

またカリーがピック&ロールを守備しなければならなかった場合は、スクリーンをヘッジするかアンダーするかして、なるべくスイッチから生じるミスマッチを回避。ペネトレーションで突破された際には、後方のグリーンとデュラントが見事なローテーションを見せ、ゴールを守った。

このプレイはキャブスの必勝パターンで、他のチーム相手ならラブのオープンスリーに終わる場合が多いが、グリーン/デュラントの機動力とウィングスパン、守備IQの高さがそれを難しくしている。

このようにして、ウォリアーズは昨季ファイナルで弱点になったカリーのピック&ロール守備をカバー。ウォリアーズの守備は確実に進化している。

ターンオーバー

敗れたキャブスは、レブロンが28得点/15リバウンド/8アシスト、カイリー・アービングが24得点、ケビン・ラブが15得点/21リバウンドをマーク。序盤からケアレスパスやオフェンスファウルなどミスが多かったものの、レブロンとアービングがアイソレーションからタフショットを沈めて、ハーフタイムで8点差と食い下がったが、第3Q開始からウォリアーズに13連続得点を許して一気に21点リードを奪われると、その後は点差を一桁に縮められないまま終わった。

第1戦で大きな差が出たのはターンオーバーの数で、ウォリアーズが4回だったのに対し、キャブスが20ターンオーバーを記録。キャブスはスティールを1本も獲得できておらず、さらに前半だけでウォリアーズに11オフェンスリバウンドを奪われている。ビッグスリーの他は、リチャード・ジェファーソンが9得点をあげたが、J.R.スミスが3得点、トリスタン・トンプソン、カイル・コーバー、デロン・ウィリアムズの3選手が0得点と、カンファレンスシリーズで貢献していたサポーティングキャストが完全にシャットダウンされた。

試合後、記者から「今夜のウォリアーズで最も際立っていた部分は何だと思う?」と尋ねられたレブロンは、「KDだ」と即答。敗因については、ターンオーバーとトランジション失点の多さを挙げた。

ファイナル第2戦は現地4日に再びオラクルアリーナで行なわれる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • お茶

    ある程度は予想されていましたが圧勝でしたね。
    体力満タンの序盤はともかく、ゲームを通じて今のウォリアーズを守るのは厳しいです
    クレイは不発でしたがラブに押し込まれずアービングを守れる守備貢献は計り知れないですね
    グリーンのファウルにならないように跳ぶタイミングを測ったブロックは本当に見ていて楽しいです
    カリーのスリー、デュラントのペネトレイト、この二人が当たっている日はどうしようもないです
    ウォリアーズの外でつって一枚一枚DFをパスで剥がしてイージーショットを作るのは芸術的です
    レブロンはいまでも支配的なプレーヤーですが今日は珍しくTOが多かったですね。守備は全盛期に比べて明らかに落ちたような気がします
    ただ彼は賢いので効率的なやり方をゲームで見つけるのを楽しみにしてます

    • クレイやドレイモンドも含め、ウォリアーズの守備は本当に素晴らしかったです。カリー/KD以外のロングレンジが好調ではなかったですが、シューターでフロアを広げて、スクリーンやカットからインサイドを攻めるのがウォリアーズオフェンスの醍醐味ですもんね。しかも第1戦はスターパワーでいつも以上にシンプルに攻めながら圧勝できたというのが恐ろしいです。

      確かにレブロンがあれだけミスを重ねるのは珍しいですね。レブロンがあれほどジャンプパスに追い込まれていたのを見るのは初めてかもしれません。守備でも、去年ならバーンズを半分放置して、ヘルプディフェンスで暴れ回っていましたが、今年はKDがいるのでそれができません。オフェンスであれだけの負担を背負いながら、守備でKDをガードしなければならないというのはかなり厳しいです。ただ他にKDとマッチアップできる選手がキャブスにはいないので、第2戦以降はどんなアジャストメントで臨むのか…。何にせよキャブスはもう少しスローペースに持ち込まないとダメかもです。

  • 36s

    記事のとおりGSWのDFがえげつない。ヘルプ、スイッチ共に穴が全くない。ドレイのDFは本当に凄いです。個人としてはもちろんチームディフェンスとしてもビラップス超えてますね。
    TTが蹂躙する流れに持っていきたいですね。このままだとスイープでっせ。

    • グリーンはキャブスのオフェンスを完全に先読みしていましたね。昨季の敗北から対キャブスの戦略を徹底的に練ってきたのがうかがえるようでした。カリーのピック&ロール守備も凄く良かったです。

  • YusukeIndia

    さすがtunaさん
    どこよりも詳しい解説ありがとうございます!

    しかしせっかくのファイナルなのに接戦にもならなかったですね。ウォリアーズは強過ぎにも程があります。クレイがあの調子だったのにこの大差ですからね… 詳しく解説くれてますが特にディフェンスの差が大きいと思います。

    昨日の内容見る限りではスイープもあり得るんじゃないか、と思ってしまいます。
    去年も同じこと思ってましたが、去年のGSWに対して、今年はKDが加入したこととカリーが絶好調なことがとても大きいので、なかなか負ける姿が想像しにくいです。

    けど、こういう状況にレブロンが燃えないハズはないでしょう。 なんと言ってもレブロンですからね!

    第2戦は最後までヒリツク試合を見たいです!

    • ありがとうございます!
      とにかくキャブスがステップアップしてくれることを祈るばかりです。おっしゃる通り、レブロンがこのままで終わるわけがないと思います。タレントで大きな差がありますが、ラブやアービングが不在だった2015年ファイナルみたいな展開に持って行ければ面白くなりそうなのですが…。

  • SW

    やりましたね!やはりKDの加わったウォリアーズは反則級に強いですね。チームとして機能しているから見ていて安心感がありました。昨年の借りを返すには全試合二桁差をつけてスイープでしょ!(^_−)−☆

    • ここまできてスウィープは勘弁してほしいです。

  • 星人歌スキ

    GW推しの自分としては、声が出るくらい楽しい試合でした。

    どのチームも出来ていなかった、アービングやレブロンのペネトレイトをKD、クレイが止めてくれた場面は痺れました。

    ここまで無敵状態のKDを一桁点くらいまで抑えられたらキャブスに勝機はあるけど、30点近く活躍されたら、あっさり決まる可能性もあるなぁと思います。

    しっかし、クレイのディフェンスは最高ですが、なんかリズムが悪いですね笑
    いつもよりボール持ちすぎて相手に寄られてるし、何とかスクリーン多用でフリーにしてあげて、復調してほしいもんです。

    • アービングに対する守備もすごく良かったですね。前半は難しいショットを決められていましたが、基本的に左サイドに追いやることが出来ていたと思います。
      クレイは、リズムを取り戻そうとして少し強引になりすぎていた場面もあった印象です。ただショットが決まらなくてもサイドからサイドに走り回るだけで破壊力抜群な選手なので、守備でも大貢献していますし、ウォリアーズとしてはそれほど問題はないかもですね。どれだけシューティングが不調でも、キャブスがクレイを放置することはあり得なさそうですし。

  • Ma Yo Kawakami

    11-12のFinalsで若手KDに対しレブロンがいとも簡単に制圧しましたが、昨日の試合ではまさに形勢逆転。KDを封じるすべすらなかった印象。

    次戦まで多少時間があるのでCavsには何とか修正して貰いたいですね。そうでないと一気に押される可能性が一段と増してきますね。レブロン、アービングだけでなくラブ、JRスミスなどの第3、第4のメンバーが爆発しない限り相当難しいと思います。

  • nino

    キャブスはプレイエリアが狭くあまり機能していなかったトリスタン・トンプソンを切ってスモールラインナップにしたいと思いましたが、シューター陣も微妙だったので難しいところです。
    ただ、3P%が良くなかったのはワイドオープンにさせてもらえなかったというのもあると思うので、どうにか戦術的にフリーの選手を作れるようになればオフェンスは一気に改善すると思います。レブロンアービングのシューティングはまずまずだったので。
    あと、地味にラブのディフェンスも良かったと思います。なのであとはレブロンのTOが減れば全然行けそうに思います。
    ウォリアーズはグリーンとクレイのシューティングが不安ですが、この二人はディフェンスで貢献していて、チームとしては万全に近いように思います。イグダラがある程度動けていたのも大きいです。レブロンにマッチアップできる選手が3人居るとなると、キャブスはファウルトラブルを狙うのも難しくなりますから。
    あとはマギーが1Qで活躍していたので、3Qでも出てくるかと期待していたのですが、ここはキャブスがTT下げたのに合わせてかマカドゥーでしたね。ビハインドなら得点力の上がるマギーでも良さそうですが、大量リードしているのでディフェンス面でのバランスを優先したということでしょうか。

  • UZA

    はあ?
    スウィープもあり得る?
    なんと言ってもレブロン?
    本当、赤勝て白勝て野郎だな。

    CLEのチームオフェンスが昨年の成功体験から同じパターンで攻めがちになって、失敗しただけ。第2戦まで数日あるんだから、十分にパターン変えて対応できるだろう。
    早めにプライド捨てて奴隷狙いして、6〜7戦目で出場停止にする作戦も使えばいい。

    さすがにGSWの選手には、もしかしてスウィープできるかもとか思ってるバカはいないだろうが、これで無意識にGSWがナメてかかる可能性の方が高くなった。

    CLEは何でも出来るゴリ男のせいで見ててつまらねーから大嫌いだけど、GSWの奴隷がまたいなくなれは、昨年の再現あるかもな。

Back to Top ↑