ブログ ウェストブルック トリプルダブル キャリア20回目

Published on 11月 11th, 2015 | by Tunaパスタ

7

ウェストブルックがキャリア20回目のトリプルダブルを記録

オクラホマシティー・サンダーのラッセル・ウェストブルックが、現地10日のワシントン・ウィザーズ戦で、わずか28分の出場時間で22得点、11アシスト、11リバウンドのトリプルダブルを獲得。サンダーが敵地で125-101の圧勝を収めた。

試合は、最初の2クォーターで9本中8本のスリーを成功させたサンダーが、ハーフタイムで18点のリード。後半からケビン・デュラントがハムストリング負傷で途中退場するというトラブルに見舞われながらも、第3Qはさらにリードを拡大し、早々と勝利を決めた。

サンダーは、ディオン・ウェイターズが23分の出場で10本中7本のFGを沈め、ゲームハイの25得点をマークしている。

Q1 Q2 Q3 Q4
OKC 37 31 29 28 125
WAS 23 27 21 30 101

ウェストブルックにとって、この日のトリプルダブルはレギュラーシーズンキャリア通算20回目(プレーオフも含めると24回)。レブロン・ジェイムス、レイジョン・ロンド、コービー・ブライアントに次いで、現役選手の中で最多4位の記録だ。ウェストブルックは、昨季1月半ばから4月半ばの3ヵ月間で、4回連続を含む合計11回のトリプルダブルを獲得している。

▼現役選手トリプルダブル数(レギュラーシーズン)

TD キャリア
レブロン・ジェイムス 39回 13年
レイジョン・ロンド 23回 10年
コービー・ブライアント 21回 20年
ラッセル・ウェストブルック 20回 8年

▼4試合連続トリプルダブル

今季のウェストブルックは、平均アシスト数でリーグ首位の10.9アシストを記録している。パスを出さないポイントガードなどと批判されていた頃が懐かしい。

Image by Keith Allison/Flickr

ボックススコア:「NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑