試合結果 レイカーズ クリッパーズ 大敗

Published on 3月 7th, 2014 | by Tunaパスタ

2

レイカーズ、クリッパーズ相手に歴史的な大敗

同じLAを本拠地とする2球団の現状の違いが痛いほど露呈する形となった6日のクリッパーズ対レイカーズ戦。序盤から大量得点を重ねたクリッパーズが、142対94でレイカーズを完全破壊した。

Q1 Q2 Q3 Q4
LAC 29 44 36 33 142
LAL 27 13 20 34 94

開始早々にはレイカーズが20対13で7点リードを付ける場面もあったが、そこからクリッパーズが一気に反撃を開始。第1Q半ばから第3Q終了までに96対40でレイカーズをアウトスコアする怒涛のランを展開し、試合はNBA史上稀にみるほどのワンサイドゲームに終わった。

第3Q終了間際には、クリス・ポールのパスからブレイク・グリフィンが豪快なアリウープ。レイカーズのホームゲームにもかかわらず、客席からは大歓声があがった。この時点でレイカーズのディフェンスは、オールスターゲーム並みにやる気ゼロ:

この日の48点差ゲームは、クリッパーズにとってチーム史上最大の得点差勝利。反対にレイカーズにとっては球団史上最大の得点差敗北となった。

▼浮かない表情のマイク・ダントーニHC

クリッパーズは、ダレン・コリソンがゲームハイの24得点を記録した他、合計で8選手が二桁台の得点を獲得。3月からチームに移籍したダニー・グレンジャーとグレン・デイビスの2人は、共に10得点をマークした。

1月に行われた両者の対決でも、レイカーズは39点差でクリッパーズに惨敗。数年前までは「チャンピョンチーム・レイカーズ」と「弱小チーム・クリッパーズ」という関係だったが、すでにその立場は大逆転している。

まさに歴史的な大敗を喫したレイカーズだが、怪我で欠場中のコービー・ブライアントは試合後、「苦悩=モチベーション」という前向きなメッセージをTwitterに投稿した。

Thumbnail via @jose3030/Twitter

参考記事:「Yahoo!Sports

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑