世界 スペイン フランス パウ・ガソル

Published on 9月 19th, 2015 | by Tunaパスタ

2

パウ・ガソルが40得点のモンスターパフォーマンス、スペインがユーロバスケット決勝へ

現地17日にフランスで行われたユーロバスケット2015準決勝のフランス対スペインは、オーバータイムにおよぶ死闘の末、スペインが80-75で勝利。前大会王者を破ってファイナル進出を決め、4大会連続となるメダルを確定させた。

この日のスペインは、9点ビハインドで迎えた第4Q残り6分から、パウ・ガソルの奮闘で猛反撃。10-0のランを展開して逆転に成功し、残り16秒には3点リードを奪うも、続くポゼッションでフランスのニコラス・バトゥームが同点のスリーを沈め、試合は延長戦に突入する。

OTも1ゴール差を争う大接戦となったが、ガソルがラスト1分15秒で8連続得点を獲得し、スペインを勝利へと牽引。一方でフランスは、3点差を追いかけていたOT残り15秒でバトゥームに3本のフリースローが与えられ、再び同点のチャンスを手にするも、3本すべてに失敗してしまった。

スペインは、ガソルがゲームハイの40得点、11リバウンドのダブルダブルと3ブロックの大活躍。ペイントエリア内で11本のフィールドゴールを成功させ、NBA屈指のリムプロテクターであるルディ・ゴベールをインサイドゲームで圧倒した。

▼パウ・ガソル、フランス戦ハイライト

敗れたフランスは、バトゥームが14得点、7リバウンド、ゴベールが8得点、13リバウンドをマーク。その一方で、司令塔のトニー・パーカーはFG成功率23.5%の10得点とスコアが振るわなかった。

OT残り1分14秒の正念場で5ファウルにより退場したゴベールは、この日のファウル判定に納得がいかなかった様子。

「相手は僕にタッチできて、僕は相手にタッチできない。この状況でプレーするのは難しい!厳しい敗北だった。こんな形で負けるのは辛いが、僕たちは立ち直るよ!!」
– ルディ・ゴベール

このゴバートツイートに対して、ウルブズのリッキー・ルビオが「プロフェッショナルな振る舞いじゃない」とツッコミを入れていた。

スペインは現地20日に行われるファイナルで、セルビア対リトアニアの勝者と金メダルを争う。

ボックススコア:「FIBA

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 36s

    ハイライトみました!!
    相変わらずの雄叫びが凄いんでゴバートの気持ちもわからんくはない笑
    ただ、ゴール下だけでなくペイント全域を使えるパウが一枚上手だったということでしょうかね。

    • カッコよかったですね!やはりガソル兄は殿堂入りに相応しいプレーヤーだと思います。体調管理さえ上手くいけば、来季も期待できそうかな?

Back to Top ↑