News デジャンテ・マレー 延長契約

Published on 10月 23rd, 2019 | by Tunaパスタ

0

デジャンテ・マレーがスパーズと4年の延長契約!!

2016ドラフト組の有力選手たちが、次々と延長契約を獲得している。

まず今オフからプレシーズンにかけて、ジャマール・マレーがナゲッツと5年/1億7000万ドル、カリス・レバートがネッツと3年/5250万ドル、パスカル・シアカムがラプターズと4年/1億3000万ドルでそれぞれ延長契約を締結。そしてシーズン開幕前日の現地10月21日には、デジャンテ・マレーがサンアントニオ・スパーズと正式に延長契約を交わした。

現地メディアの報道によると、マレーの延長契約は完全保証の4年/6400万ドル。新契約が始まるのは2020-21シーズンからなので、マリーは少なくとも今後5年間はスパーズユニフォームを着ることとなった。

ジャマール・マレー(5年/1億7000万ドル)やパスカル・シアカム(4年/1億3000万ドル)のサラリーを考えると、マレーの延長契約はそこそこ割安に感じる。2人に比べてオフェンス力は大きく劣っているものの、マレーはプロ2年目の2017-18シーズンに史上最年少でオール・ディフェンシブ・チーム入り(2ndチーム)するほど優秀かつ将来有望なペリメーターディフェンダーだ。

もちろん深刻な怪我(右膝の前十字靭帯断裂)からの復帰という大きな不安要素はあるが、スパーズのフロントオフィスはプレシーズンでのプレイを見て「大丈夫」と判断したのだろう。もしマレーが延長契約を結ばないままシーズンに臨んで完全復活し、来夏に制限付きFAとなっていたなら、他のチームから4年/6400万ドル以上のオファーシートを提示されていたかもしれない。

▼マレー自身も延長契約を報告

https://twitter.com/DejounteMurray/status/1186444579035402241

「サンアントニオ、僕たちはさらに4年間を共にすることになった。スパーズの球団から世界中のファンたちにいたるまで、愛情と忠誠心を与えてくれた皆にこの上なく感謝しているよ。言葉では言い表せないほどだ」
– デジャンテ・マレー

昨季のマレーはプレシーズンに右膝の前十字靭帯断裂の重傷を負い、残念ながらブレイクを期待されていた2018-19シーズンを全休。今季のプレシーズンでは5試合で9.2得点、3.6アシストを平均した。

なお同日にはマレーの他にも、セルティックスのジェイレン・ブラウン(4年/1億1150万ドル)やホークスのトーリアン・プリンス(2年/2900万ドル)ら2016年ドラフト組の選手たちがそれぞれのチームと延長契約を締結。

また交渉が難航していたとされるキングスのバディ・ヒールド(4年/8600万ドル)とペイサーズのドマンタス・サボニス(4年/7940万ドル)も延長契約を成立させた。

その一方で、マレーのチームメイトであり同期でもある2016年ドラフト9位指名のヤコブ・ポエートルは、スパーズとの延長契約に至らず。これでポエートルは来夏に制限付きFAとなる。

参考記事:「NBA

Tags:


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑