News モズゴフ レイカーズ

Published on 7月 1st, 2016 | by Tunaパスタ

6

ティモフェイ・モズゴフがレイカーズと契約合意へ

今夏フリーエージェンシーの契約交渉が解禁となった現地7月1日、ロサンゼルス・レイカーズが無制限FAのティモフェイ・モズゴフとさっそく口頭での契約合意に達した模様。モズゴフのエージェントから得た情報として、『The Vertical』のAdrian Wojnarowski記者が最初に報じた。

契約内容は4年/6400万ドルだとされている。

2015年1月にデンバー・ナゲッツからクリーブランド・キャバリアーズへと移籍したモズゴフは、2014-15シーズンにキャブスとしての46試合で10.6得点、6.9位バウンドを平均。その年のプレーオフでも、主力の1人としてチームのファイナル進出に大貢献したが、昨季はひざの手術の影響もあってか、76試合で6.3得点、4.4リバウンドと数字が低迷。さらに2016プレーオフのチャンピョンシップランでは、メインのローテーションから完全に外れ、平均出場時間5.8分と活躍の機会が大幅に制限された。

▼レイカーズ移籍が復調のきっかけになるか?

正式な契約成立は、モラトリアム期間が終了する現地7月7日以降となる。

Image by Erik Drost

ソース:「The Vertical

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ゆうき

    た…たけぇ…昨期20分未満の選手がこの金額って…いやすごい時代になりましたね。ただただ驚きです

    • ハイパーインフレですね。昔と比べるのは無意味ですが、レブロンのヒート時代4年間のサラリーが総額7000万ドル以下だったことを考えると、本当に凄い時代です…。

  • masayann

    この補強はいいのか悪いのか、、、

    • 即戦力的にはプラスだと思いますが、4年契約は長すぎるような気もします。

  • お茶

    クラークソンが4年5000万で契約してくれたのを考えると高い…
    ルーキー契約ばかりでキャップは空いてるとはいえ
    スター級の選手は今年はあまり動かなそうですね
    せめて3年くらいに留めてほしかったですね

    • クラークソンはお得でしたね。最大であと800万ドルほど上乗せできたみたいなので。
      レイカーズにとってFA本番は来年でしょうか。カリーやラス、グリフィン、CP3、グリーク・フリークがフリーエージェントになるので、何とか地盤を固めつつもスペースに空きを確保しておきたいところですね。

Back to Top ↑