プレイオフ ウォリアーズ ロケッツ 第3戦

Published on 4月 23rd, 2016 | by Tunaパスタ

5

【GSW-HOU第3戦】ハーデンの決勝ジャンパーでロケッツが1点差の勝利、シリーズ2-1へ

シリーズ2勝0敗で迎えた現地21日のゴールデンステイト・ウォリアーズ対ヒューストン・ロケッツ第3戦は、ジェイムス・ハーデンが第4Q残り時間2.7秒に決勝点となる逆転ジャンプショットに成功。ロケッツがステファン・カリー不在のウォリアーズを本拠地で破り、シリーズを1勝2敗とした。

この日の試合は、序盤のリバウンドを支配したロケッツが第1Qを31-18で上回る好スタートを切り、第2Q残り4分で17点リードを獲得するも、そこからウォリアーズが反撃を開始。第3Q終了時点で6点差まで詰め寄ると、第4Qはショーン・リビングストンとイアン・クラークの活躍で追い上げ、残り時間1分でついに逆転する。

対するロケッツは、マイケル・ビーズリーがフリースロー2本を沈めてすぐにリードを奪い返すと、続くウォリアーズの攻撃を何とか阻止。残り時間14秒でポゼッションを確保して優位に立ったが、タイムアウト明けのインバウンズプレーでパスミスからターンオーバーを出してしまい、そのまま速攻でクラークにレイアップを決められ、再び1点ビハインドの窮地に陥った。

残り時間10秒、すでにタイムアウトを使い切っていたロケッツは、ハーデンが素早くボールを運び、ステップバックでディフェンダーをかわして決勝ジャンプショットを成功させる。

その後ウォリアーズは、残り2.7秒で逆転を狙うも、ドレイモンド・グリーンがクレイ・トンプソンからのインバウンズパスを掴み損ねて、痛恨のターンオーバー。

ロケッツはそのまま残り時間を使い切ることに成功し、97-96で劇的な勝利を飾った。

▼グリーンはビーズリーにタックル

Q1 Q2 Q3 Q4
GSW 18 30 24 24 96
HOU 31 24 23 19 97

シリーズスイープを回避したロケッツは、ハーデンが35得点、9アシスト、8リバウンドで大活躍。ドナタス・モティエユナスが14得点/13リバウンド、ドワイト・ハワードが13得点/13リバウンドでそれぞれダブルダブルをマークし、勝利に貢献した。

▼ハーデン、35得点

「とにかく攻めた。試合序盤から攻め手に回って、最後までその波に乗ることができた」
– ジェイムス・ハーデン

ウォリアーズは、マリース・スペイツが3本のスリーを沈め、チームハイの22得点を記録。リビングストン(16得点)とクラーク(11得点)の2人は第4Qだけで合計15得点をあげ、終盤のオフェンスを牽引した。

▼リビングストン

他には、トンプソンが17得点/8リバウンドを獲得したが、スリー7本中0本とロングレンジが不調。グリーンも9得点/7アシスト/7リバウンドをマークする一方で7ターンオーバーを出すなど、主力がやや精彩を欠いていた。チーム全体でもとにかく外のシュートが決まらず、25本中19本のスリーに失敗している。

ウォリアーズ 第1ラウンド第3戦 ショットチャート

「僕が試合を台無しにした。最後のターンオーバーのことを言っているのだと思うかもしれないが、そうじゃない。ああいったミスは起こるものだ。僕は試合を通して最悪だった。もちろんあのターンオーバーのことも気にしている。でも僕は、そのずっと前から試合をだめにしてしまっていたんだ」
– ドレイモンド・グリーン

2勝1敗となったウォリアーズとロケッツのシリーズ第4戦は、現地24日にヒューストンで行われる。その試合でカリーが復帰するかどうかは、まだ明らかになっていない。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑