ブログ スパーズ 67勝

Published on 4月 15th, 2016 | by Tunaパスタ

9

ボバンがキャリアハイのダブルダブル!!スパーズは球団史上最多の67勝

現地13日にアメリカン・エアラインズ・センターで行われたサンアントニオ・スパーズ対ダラス・マーベリックス戦は、主力不在ながらも後半に大量得点差を跳ね返したスパーズが96-91で勝利。歴代NBA7位タイかつフランチャイズ史上最高成績となる67勝15敗で2015-16シーズンを終えた。

▼歴代スパーズのシーズン成績Top5

シーズン 成績 プレーオフ
2015-16 67勝15敗 ???
2005-06 63勝19敗 WCセミファイナル
2013-14 62勝20敗 優勝
1994-95 62勝20敗 WCファイナル
2010-11 61勝21敗 WC第1ラウンド

シーズン67勝をあげて、1位から6ゲーム差とか…。

レナード、オルドリッジ、ダンカン、パーカー、ジノビリ、ウェストの6選手が休養のため欠場したこの日のスパーズは、ボバン・マリヤノヴィッチとカイル・アンダーソン、ジョナサン・シモンズらがステップアップしてチームを牽引。前半はマブスのアウトサイドショットに圧倒され、ハーフタイム時で18点ビハインドに陥るも、後半開始から44-25のランで猛反撃を展開し、第4Q残り5分30秒で試合をひっくり返すと、その後は僅差でリードを保ちながら、今季最後のレギュラーシーズンゲームを逆転勝利で飾った。

Q1 Q2 Q3 Q4
SAS 20 14 31 31 96
DAL 27 25 15 24 91

スパーズは、マリヤノヴィッチが37分の出場でキャリアハイ22得点、12リバウンド、FG成功率77.8%のダブルダブルを獲得。アンダーソンが15得点/10リバウンド/4アシスト/5スティール、シモンズが19得点/7リバウンドを記録して、それぞれ勝利に大貢献した。ちなみに、今季のボバンはシーズンハイ得点でダンカン(21得点)を上回っている。

▼ボバン!

他には、ダニー・グリーンがスリー5本中2本成功と絶好調で12得点をマーク。6試合ぶりに復帰したボリス・ディアウは20分の出場でチームハイ7アシスト、今季2度目の先発出場となったマット・ボナーは後半開始直後に2連続スリーを沈め、カムバックのきっかけを作った。

なお同日の他の試合結果により、スパーズのプレーオフ第1ラウンドの対戦相手がメンフィス・グリズリーズに決定。第1戦は現地17日にAT&Tセンターで行われる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑