ブログ スパーズ 67勝

Published on 4月 15th, 2016 | by Tunaパスタ

9

ボバンがキャリアハイのダブルダブル!!スパーズは球団史上最多の67勝

現地13日にアメリカン・エアラインズ・センターで行われたサンアントニオ・スパーズ対ダラス・マーベリックス戦は、主力不在ながらも後半に大量得点差を跳ね返したスパーズが96-91で勝利。歴代NBA7位タイかつフランチャイズ史上最高成績となる67勝15敗で2015-16シーズンを終えた。

▼歴代スパーズのシーズン成績Top5

シーズン 成績 プレーオフ
2015-16 67勝15敗 ???
2005-06 63勝19敗 WCセミファイナル
2013-14 62勝20敗 優勝
1994-95 62勝20敗 WCファイナル
2010-11 61勝21敗 WC第1ラウンド

シーズン67勝をあげて、1位から6ゲーム差とか…。

レナード、オルドリッジ、ダンカン、パーカー、ジノビリ、ウェストの6選手が休養のため欠場したこの日のスパーズは、ボバン・マリヤノヴィッチとカイル・アンダーソン、ジョナサン・シモンズらがステップアップしてチームを牽引。前半はマブスのアウトサイドショットに圧倒され、ハーフタイム時で18点ビハインドに陥るも、後半開始から44-25のランで猛反撃を展開し、第4Q残り5分30秒で試合をひっくり返すと、その後は僅差でリードを保ちながら、今季最後のレギュラーシーズンゲームを逆転勝利で飾った。

Q1 Q2 Q3 Q4
SAS 20 14 31 31 96
DAL 27 25 15 24 91

スパーズは、マリヤノヴィッチが37分の出場でキャリアハイ22得点、12リバウンド、FG成功率77.8%のダブルダブルを獲得。アンダーソンが15得点/10リバウンド/4アシスト/5スティール、シモンズが19得点/7リバウンドを記録して、それぞれ勝利に大貢献した。ちなみに、今季のボバンはシーズンハイ得点でダンカン(21得点)を上回っている。

▼ボバン!

他には、ダニー・グリーンがスリー5本中2本成功と絶好調で12得点をマーク。6試合ぶりに復帰したボリス・ディアウは20分の出場でチームハイ7アシスト、今季2度目の先発出場となったマット・ボナーは後半開始直後に2連続スリーを沈め、カムバックのきっかけを作った。

なお同日の他の試合結果により、スパーズのプレーオフ第1ラウンドの対戦相手がメンフィス・グリズリーズに決定。第1戦は現地17日にAT&Tセンターで行われる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • SW

    ダニーグリーン。プレーオフに向けて絶好調ですね(笑)来季は是非、オールスター3Pコンテストに出て欲しいです(^_−)−☆

    • 今季グリーンのホイッスル後のノーカウントスリーの精度を考えれば、もし来年の3Pコンテストに出れば優勝は堅いと思います!

      • masayann

        スプラッシュブラザーズが出てきたら面白い展開になるかもしれませんね

  • たー

    初めまして。
    毎回楽しく読ませて頂いています。
    宜しくお願いします(^^)
    昨日の試合、前半が終わった時点で、はぁーやっぱりこのメンツならしょうがないか。。と思っていましたが後半の怒濤の追い上げにかなりテンションが上がりました。
    ダニーグリーンも大活躍でしたし(笑)

    それはそうとシーズンも終わりましたし、そろそろ(SMVPは確定として笑)DPOY受賞者が誰なのか気になる所です。。
    レナードは連続受賞厳しいですかね。。

    • スターター抜きで頑張ってくれましたね!正直この日はミラー/グリーン/アンダーソン/ボナー/マリヤノヴィッチという先発ラインアップをみて、絶対に勝てないだろうと思っていたので、後半は最高に楽しめました。ただボバンが活躍しすぎて、来季FAで高値がついて移籍してしまうのでは…、と少し心配しています。ダニー・グリーンに関しては、40%の確率で2本のスリーを決めてくれた日は絶好調としておきましょう笑

      レナードは2年連続DPOYやりましたね!!

  • 36s

    ジャンプしなくていいのが良いですね!膝に負担かからないんで。
    ローポストの振り向きバンクショットが高確率で決まるようなら
    止められるDFも少ないんじゃないでしょうか。

    • シュートタッチが素晴らしいので、もう少しパワーでアタックしてダブルチームやファウルを引きつけられるようになれば、エリートセンターになれる気も…。パスのスキルも悪くないですね。

  • とみー

    67勝していて、ホームコートアドバンテージを取れない。今シーズンはウォリアーズの強さが際立ってましたね。
    スパーズも百戦錬磨の選手ばかりなので、プレーオフ(カンファレンスファイナルのウォリアーズ戦)でコンディションを合わせてくるでしょう。
    がっぷり四つの戦い楽しみです。
    両チームは数字ではないので。

    • 65勝以上のチームが首位を取れなかったとか前代未聞ですからね。確かこれまでの2位の最高成績は95-96シアトルと96-97ユタの64勝だったはず。
      レギュラーシーズンの直接対決では、スパーズにとってやや不安が残る形でしたが、プレーオフではどうなるか楽しみです。まあその前にサンダー攻略という大仕事がありますが。

Back to Top ↑