ブログ ダミアン・リラード クラッチ

Published on 12月 25th, 2014 | by Tunaパスタ

2

ダミアン・リラードはNBAナンバー1のクラッチプレイヤーかも

「クラッチプレイヤー」とは、勝敗を分ける大事な局面で最高のプレーを発揮できる選手のこと。度胸があってプレッシャーに強く、接戦終盤の絶対にミスできない状況でシュートを沈めて勝利を呼び寄せる。試合のラストショットを安心して預けられる特別なプレイヤーたちだ。

通常、勝負強さやここ一番の集中力といったスキルは、経験や場数と共に養われていくものだが、ポートランド・トレイルブレイザーズのダミアン・リラードはデビューわずか3年目にして、すでにリーグ屈指のクラッチプレイヤーになりつつある。

リラードのクラッチショットと言えば、昨季プレイオフの対ロケッツシリーズ第6戦で決めた逆転ブザービーターが記憶に新しい。

リラードのクラッチっぷりは今季も相変わらず。12月23日のサンダー戦では、残り5秒/3点ビハインドという場面から第6戦ブザービーターにそっくりなキャッチ&シュートのスリーポイントを沈め、試合を延長戦に持ち込んだ。

▼リラードの23日同点スリーと第6戦ブザービーター

 

リラードのOTスタッツ

リラードはオーバータイムになると一層と輝きを増し、覚醒するパターンが非常に多い選手だ。数字がそのことを証明している。以下は、リラードがキャリア15回のオーバータイムで記録したシュート成功率。

▼リラード in オーバータイム

FG% 3PT% FT%
68.2% (30/44) 57.9% (11/19) 95% (19/20)

※ソース:NBA.com/Stats

オーバータイムのシュート成功率がなんと68%超え!!リラードのキャリア平均シューティングは、FG成功率43.2%、3pt成功率38.5%、フリースロー成功率86.3%。上記の通り、延長戦に入るとシュートの精度が大きく跳ね上がる。リーグ屈指のクラッチプレイヤーと呼ぶにふさわしい勝負強さだ。

この数字がどれほど凄まじいものなのか、他のスーパースターたちのオーバータイムスタッツと比較すればよくわかる。

▼コービー、レブロン、デュラントの延長戦パフォーマンス(2000年~)

試合数 FG% 3PT%
K.ブライアント 79 42.2% (141/334) 25.7% (17/66)
L.ジェイムス 64 47.4% (110/232) 35% (28/80)
K.デュラント 42 40% (60/150) 34.8% (15/43)
D.リラード 15 68.2% (30/44) 57.9% (11/19)

※データ:Basketball Reference

コービー、レブロン、デュラントの3人とも、OTになるとキャリア平均よりもシュート成功率が落ちる。4クォーターを戦った後のオーバータイムではスタミナが限界に近づくので、当然と言えば当然だ。そのあたりを考慮すると、リラードの延長戦パフォーマンスは桁外れに秀逸だといえる。

▼12月19日スパーズ戦、第4Q残り2分~トリプルOTのリラード

また昨季のリラードはデュラントやハーデンと並び、第4Q残り1分以下からの同点もしくは逆転シュートを最も多く成功させたプレーヤーでもある。

▼第4Q残り1分以下での同点/逆転クラッチショット成功数トップ5 (2013-14)

FG 3pt
D.リラード 8本 (8/20) 5本 (5/10)
J.ハーデン 8本 (8/16) 4本 (4/8)
K.デュラント 8本 (8/21) 3本 (3/8)
S.カリー 7本 (7/20) 1本 (1/7)
K.アービング 5本 (5/14) 1本 (1/5)

※データ:Basketball Reference

▼リラード、2013-14シーズンのクラッチプレーTop10

もちろんここで取り上げたデータだけが「クラッチプレー」を定義するものではないし、サンプルサイズもそれほど大きいとは言えない。だがリラードが近年トップクラスのクラッチシューターだというのはまぎれもない事実だ。

試合時間残り10秒で1点ビハインド、この状況ならどの選手にボールを託す?

Thumbnail via YouTube/NBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • くりあたま

    リラードはこのまま順調にいけばレジーミラーのような屈指のクラッチプレイヤーとして認識されそうですね。
    しかし、彼は無冠の帝王に終わる気はないでしょう。他のチームメイトやチームの補強によってチャンピオンリングを得て、ネクストレジーではなくネクストジョーダンやその上を行って欲しいです

    • 本当に将来が楽しみですね。
      ブレイザーズも徐々にオルドリッジからリラードのチームになりつつあるような気がします。

Back to Top ↑