ブログ ニック・コリソン 永久欠番

Published on 1月 15th, 2019 | by Tunaパスタ

0

サンダーがニック・コリソンを永久欠番へ

シアトルからオクラホマシティへと移転して以降で、初の永久欠番化だ。

オクラホマシティ・サンダーは現地12日、昨季で現役を引退したニック・コリソンの背番号「4」を永久欠番化することを発表。セレモニーは、現地3月20日のトロント・ラプターズとのホームゲームで執り行われるという。

▼Mr.サンダー

2003年ドラフトでソニックスに入団したコリソンは、通算910試合の出場(レギュラーシーズン)で5.9得点、5.2リバウンドを平均。キャリア14シーズンを通して生涯1チームを貫き、本拠地をオクラホマに移転してからの球団を支え続け、チームメイトや現地ファンから最も愛される選手の一人だった。

コリソンは選手としてだけでなく、ケビン・デュラントやラッセル・ウェストブルックらのメンターとしても球団の繁栄に多大な影響を残している。

コリソンの現役最後の試合となった2018年4月11日のグリズリーズ戦では、試合前にウェストブルックがマイクを握り、「僕の友人であり、メンター、そして兄弟であるニック・コリソン。彼は僕がずっと尊敬していた人物。彼に声援を送ってあげてほしい」とアピール。

コリソンが昨年5月に引退を表明した際には、元チームメイトのケビン・デュラントが「ニックは大切な存在。リーグに入ったばかりの若手選手だった僕にとって頼れる人だった」と最大限の賞賛を送った。

「プロとしてどうあるべきか、プレイヤーとしてどうあるべきかをニックからたくさん教わった。彼は生涯の友人。僕のキャリアで彼のような人物に出会えたのは幸運だった」
– ケビン・デュラント

おめでとう!!

参考記事:「NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑