ブログ ウォリアーズ 16連勝

Published on 11月 25th, 2015 | by Tunaパスタ

4

ウォリアーズが開幕16連勝でNBAに新たな歴史

ゴールデンステイト・ウォリアーズが現地24日、オラクルアリーナで行われたロサンゼルス・レイカーズ戦に111-77の大差で圧勝。今季成績を16勝0敗に伸ばし、NBA歴代記録となるシーズンスタートを達成した。

▼歴代NBA開幕連勝記録

シーズン チーム 成績
2015-16 ウォリアーズ 16-0
1948-49 キャピトルズ 15-0
1993-94 ロケッツ 15-0
1957-58 セルティックス 14-0
2002-03 マブス 14-0
1982-83 スーパーソニックス 12-0
1996-97 ブルズ 12-0

24日の試合は、最初から最後までウォリアーズが圧倒。開始7分でさっそく11点差を付けると、そこからは1度も一桁点差台に追いつかれることなくリードをどんどん拡大し、第4Qには最大で41点のリードを獲得。合計32アシストの見事なチームオフェンスと、相手のFG成功率を38%に抑えるディフェンスで、レイカーズを一蹴した。

ステファン・カリーは30分の出場で21本中10本のフィールドゴールを成功させ、24得点、9アシスト、0ターンオーバーを記録。前の試合と同様、第4Qはフロアに立っていない。ウォリアーズは他に、ドレイモンド・グリーンが18得点、7リバウンド、5アシスト、2ブロックでオールラウンドな活躍をみせた。

一方のレイカーズは、ウォリアーズと真逆で長いドリブルからのタフショットが多く、チームアシスト数がわずか16本。スターターの合計FG成功数はカリー1人と同じ10本(10/42)に終わった。

特にコービー・ブライアントは、25分の出場時間でフィールドゴール14本中1本の4得点と絶不調。この日は20年のキャリアの中でもワーストパフォーマンスの1つだったといえる。

2015-16ウォリアーズ

nbaayyさん(@nbaayy)が投稿した写真

ちょっと強すぎる。開幕16連勝というNBA新記録だけでもとてつもないが、それ以上に試合内容が圧倒的だ。

ウォリアーズは今季16試合中11試合で二桁点差の快勝。平均得失点差はリーグダントツ1位の+15.6で(2位はスパーズの+9.2)、相手にリードを奪われていた時間帯(149分)よりも、15点差以上でリードしていた時間帯(167分)の方が多い。エースのカリーが第4Qをプレーしなかった試合がすでに3試合もある。

また、OTにもつれ込んだ14日のネッツ戦や、前半に23点差を付けられた19日のクリッパーズ戦など、ピンチに陥った試合もいくつかあったが、接戦のクラッチタイムになればカリーだけでなくフロア上の全員がステップアップし、敗北を回避してきた。

▼2015-16ウォリアーズのショットチャート

2015-16ウォリアーズ ショットチャート11月

今季のウォリアーズは以下の項目でリーグ1位を記録している:

  • スリーポイント成功数199本(リーグ平均117本)
  • FG成功率48.7%(リーグ平均44.3%)
  • アシスト数473本(リーグ平均309本)
  • 平均得点114.3(リーグ平均101点)

果たして、この無敗記録はいつまで続くだろう?現在ウォリアーズは、4月からシーズンをまたいで歴代最長4位となる20連勝中だ。

NBA最長連勝記録

via ESPN

ここまで来れば、1972-73レイカーズが樹立した史上最長記録の33連勝を塗りかえるところが見たいが、この先12月半ばにかけてウォリアーズのスケジュールはかなり過酷になるので難しいかもしれない。

ウォリアーズ 11月12月スケジュール

27日サンズ戦(アウェイ)と28日キングス戦(ホーム)のバック・トゥ・バックをこなした後、11月30日から12月12日の13日間で7連続アウェイ試合が待っている。対戦相手はそこまで強豪でもないが(ペイサーズは好調)、遠征が2週間も続くというのは精神的にも肉体的にも厳しいものだ。

もしこれらのスケジュールを無敗で通過して年末を迎えることができれば、レイカーズの歴代記録と並ぶ33勝目は、12月25日に行われるクリーブランド・キャバリアーズとのクリスマスゲームとなる。

Screenshot via NBA/YouTube

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • Mason P

    ベンチがいいからバック・トゥ・バックでも安心感ありますよね。ロンド、カズンズ、ゲイが機能したらかなり得点力のあるキングズ戦、ディフェンスがいいジャズ戦あたりを乗り越えることができたら、次のジャズ戦、キャブズ戦あたりまでホントに一気に行っちゃいそうな予感。今のウォリアーズだとクリッパーズかスパーズあたりじゃないと倒せる気配すらしないなぁ…

    • 個人的には、ペイサーズ戦あたりが山場になるのではと思っています。ペイサーズは何気にウォリアーズよりも高確率でスリーを決めていますし、PGも絶好調です。日程的にも7連続アウェイ試合の終盤なので疲労が溜まっている時期かと。
      キングス戦やジャズ戦も面白そうですね。NBAファンとしては、クリスマスまで無敗をキープして、キャブスと最高の試合を見せて欲しいです。ただ可能性はかなり低いと思いますが…

  • かーめろたけそにー

    33連勝目がキャブスとは……
    協会はこれを見越して日程を決めたんですかね笑

    • 実現したら最高ですね!

Back to Top ↑