試合結果 ウォリアーズ マブス

Published on 12月 31st, 2015 | by Tunaパスタ

4

マブスがカリー不在のウォリアーズに23点差の圧勝

ダラス・マーベリックスが現地30日、本拠地アメリカン・エアラインズ・センターで行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ戦に114-91で快勝。昨季NBA王者に今季2敗目を与えた。

この日のマブスは、ステファン・カリーが左足の負傷で欠場したウォリアーズを序盤から圧倒。前半はJ.J.バレアやザザ・パチュリアがオフェンスを牽引して60点をスコアすると同時に、ウォリアーズのハーフタイム得点をシーズンローの42点に抑え、第2Q終了時点で18点リードを奪う。前半だけでバレアは15得点/3アシスト、パチュリアは10得点/12リバウンドを獲得した。

▼パチュリアのハッスルからバレアのスリー

https://twitter.com/dallasmavs/status/682389106547109889

▼第2Qにはノビツキーがダンク!

後半に入ってからもマブスは主導権を放さず、第3Q最初の7分で5本のスリーを成功させ、点差をこの日最大の30点に拡大。その後も20点前後のリードをキープしたまま、早々と勝負を決めた。

Q1 Q2 Q3 Q4
GSW 21 21 26 23 91
DAL 27 33 27 27 114

マブスは、バレアがゲームハイの23得点、6アシストをマーク。他にパチュリアが14得点/15リバウンド、ダーク・ノビツキーが18得点/8リバウンドを獲得するなど、合計6選手が二桁得点に到達した。

▼ZooChandler

敗れたウォリアーズは、イアン・クラークが12本中8本のフィールドゴール成功でキャリアハイの21得点を記録。その一方で、ドレイモンド・グリーンがFG成功率26.7%の11得点、クレイ・トンプソンも同じくFG成功率26.7%の10得点と、主力2人が最後までリズムをつかめずに終わり、カリーの重要さを痛感する試合となった。

▼イアン・クラーク、キャリアハイ

なお、この日のウォリアーズはカリーの他にもハリソン・バーンズ、フェスタス・エジーリ、リアンドロ・バルボサの3選手が欠場した。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑