試合結果 %e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%ba-%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%ba-11%e6%9c%881%e6%97%a5

Published on 11月 3rd, 2016 | by Tunaパスタ

0

スパーズがホームでジャズに敗れ今季初黒星

現地11月1日にAT&Tセンターで行われたサンアントニオ・スパーズ対ユタ・ジャズの一戦は、50%の高確率でフィールドゴールを成功させたジャズが106-91で勝利。スパーズは球団史上初の開幕5連勝を惜しくも逃すこととなった。

この日の試合は、ジャズが最初のピリオドだけで8本中7本のスリーを決める好スタートを切り、第2Q序盤で最大17点のリードを獲得。そこからスパーズは、カワイ・レナードとラマーカス・オルドリッジの活躍で一気に追い上げ、後半開始直後で逆転に成功するも、完全に流れを変えることはできず、第3Q終了時点で再びジャズを追いかける形となる。

▼セカンドユニットのファインプレーも流れは変わらず

第4Qも何とか1~2ゴール差で食い下がろうとするスパーズだったが、ピリオド中盤からジョージ・ヒルに10連続得点を奪われると、クラッチタイムにはダンクの失敗やターンオーバーなどケアレスミスを連発してしまい、そのままジャズに畳み掛けられた。

▼レナード→ガソル

Q1 Q2 Q3 Q4
UTA 38 16 19 33 106
SAS 28 22 21 20 91

これで今季2勝2敗としたジャズは、ジョージ・ヒルが22得点/7アシスト、ロドニー・フッドが19得点でチームを牽引。チーム合計で31本中15本のスリーを沈め、エースのゴードン・ヘイワードが離脱中ながら、終盤の勝負所でベテランチームのスパーズを圧倒した。

▼ジョージ・ヒル

今季最初の敗北を喫したスパーズは、カワイ・レナードが7本中5本のスリーを成功させてゲームハイの30得点を記録。オルドリッジも21得点で奮闘したが、この日はセカンドユニットにいつもの勢いがなく、ベンチ得点では45-24でジャズにアウトスコアされた。

▼レナードは今季3度目の30得点超え

この日の試合では、オフシーズンにジャズへと移籍したボリス・ディアウが欠場だったのが少し残念だ。スパーズとジャズは、現地4日に再び対戦する(ソルトレイクシティー)。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑