News ジョーダン・ファーマー

Published on 7月 21st, 2013 | by Tunaパスタ

0

ジョーダン・ファーマーが再びLAに、レイカーズは2連覇チームの再現してる?

ロサンゼルス・レイカーズが17日、FAのジョーダン・ファーマーと正式に契約を結んだことを発表した。

ファーマーは、2006年にレイカーズにドラフトされてから2010年まで同チームでプレーしており、レイカーズ2連覇時代の主要メンバーでもある。移籍後はネッツで2シーズンプレーし、昨季はトルコのチームに所属していた。

レイカーズへの復帰が決定し、ファーマーは「とても親近感がある。まるでずっとここにいたような気分だ」と語った。それもそのはず。ファーマーは生まれも育ちもロサンゼルス。大学もUCLAに通い、そのまま憧れのレイカーズに入団した。生粋のLA人で、地元ファンからの人気も高い。レイカーズへの思い入れは恐らく誰よりも強いはずだ。

ジョーダン・ファーマー UCLA

大学時代のファーマー。2年目にはオールPac-10チームに選出され、NCAA準優勝を果たした:
photo by JMR_Photography via Flickr

ファーマーのキャリア平均成績は、7.7得点、2.8アシスト。今季でプロ8年目のベテラン選手ながら、26歳とまだまだ若く、スティーブ・ナッシュのバックアップPGとして活躍することが期待される。

ファーマー獲得のニュースを聞いて思ったのだが、レイカーズは2連覇時代のメンバーを再結成しようとしているのだろうか?というのも、7月にFA交渉が解禁された直後、レイカーズがラマー・オドム獲得を検討しているという報道がESPNからあった。さらにサーシャ・ブヤチッチにも興味ありとの情報もある。

この3人をコービー、ガソルと合わせれば、2009年のレイカーズが半分出来上がりだ。後は、デリック・フィッシャーの代わりにナッシュ、アンドリュー・バイナムの代わりにFAで加入したクリス・ケイマンがいる。そう考えると、来季のレイカーズは結構いいところまでいけそうな気もする。

ただやはり問題は、コービーのアキレス腱とチームの高齢化だ。仮にスタメンが、ナッシュ、コービー、オドム、ガソル、ケイマンになった場合、平均年齢は34.2歳に達してしまう。昨季同様、今シーズンも体調管理が重要な課題となる。

Thumbnail by k1k0.com via Flickr

参考記事:「usatoday.com

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑