News ブランドン・ジェニングス

Published on 7月 31st, 2013 | by Tunaパスタ

0

ピストンズ、サイン&トレードでブランドン・ジェニングスを獲得

デトロイト・ピストンズが30日、ミルウォーキー・バックスからFAとなったブランドン・ジェニングスと、サイン&トレードを通して契約を結んだ。「Yahoo!Sports」が報じている。

バックスはジェニングスと引き換えに 、ブランドン・ナイト、クリス・ミドルトン、スラヴァ・クラフツォフの3選手を獲得した。

ジェニングスは2009年のドラフト10位指名でバックスに入団。どちらかといえば、パスよりもシュート先行タイプのポイントガードだ。デビュー7試合目にして55得点を獲得するなど、ルーキーシーズンからチームのエースとして大きな期待が寄せられていた。

▼ジェニングスの55得点試合

その後4シーズンをバックスでプレーし、昨季は平均17.5得点、6.5アシストをマーク。それなりの結果を残してきたジェニングスだが、ブレイク・グリフィンやジェームス・ハーデンといった同期のスーパースターたちと違い、チームから契約延長がされず、今オフシーズンに制限付きFAとなった。

報道によると、ジェニングスの契約金は 3年2400万ドルになると伝えられている。

新生ピストンズ

財政破たんに陥ったデトロイト市と同様、長らくどん底にハマりこんでいるピストンズだが、このオフシーズンで大型FAのジョシュ・スミスを獲得するなど、再建に向けて大きく動いた。また、10年前の優勝メンバーであるチャンシー・ビラップスとラシード・ウォレス(ラシードはアシスタントコーチとして)を呼び戻しており、チームの士気は自然と高まるはずだ。もう以下の動画のようなグダグダプレーをみせることはないだろう。

さらにピストンズは、アンドレ・ドラモンドとグレッグ・モンローという将来有望な若手ビッグマンを抱えており、今季こそ5年ぶりのプレイオフ返り咲きを果たすのも決して夢ではない。

Thumbnail by GAMEFACE-PHOTOS via Flickr

ソース:「Yahoo!Sports

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑