プレイオフ ロケッツ ウォリアーズ カンファレンスファイナル第1戦

Published on 5月 20th, 2015 | by Tunaパスタ

9

【WCF第1戦】カリーの33得点でウォリアーズがロケッツに勝利

現地19日に行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ対ヒューストン・ロケッツのカンファレンスファイナル第1戦は、前半の16点ビハインドを跳ね返したウォリアーズが110対106で勝利し、シリーズの先手を奪った。

この試合で最高の立ち上がりを見せたのはロケッツだった。ジェイムス・ハーデンがプレーメーカーとして活躍しながら、第1Qだけでクリント・カペラやテレンス・ジョーンズらのベンチプレーヤーが合計12得点を獲得。ドワイト・ハワードとジョシュ・スミスのピック&ロールも見事に機能し、ロケッツは第2Q残り7分でさっそく16点のリードを奪う。

そこからウォリアーズは怒涛の猛反撃を開始。アンドリュー・ボーガットが3ファウルでベンチに下がったのをきっかけに、スティーブ・カーHCはドレイモンド・グリーンをセンターに置く究極のスモールボールに切り替え、ゲームの流れを一変させた。

ウォリアーズはインサイドのディフェンスを引き締め、ハワードを封じ込めると同時に、ロケッツのミスショットやターンオーバーからスピーディーなトランジションオフェンスを展開。25-6のランで一気に逆転に成功し、58対55の3点リードで試合を折り返す。

ガードのショーン・リビングストンは前半だけで16得点を挙げる大活躍をみせた。

▼ショーン・リビングストン

後半に入ってからは、ハーデンとステファン・カリーの両エースが爆発。6割以上の成功率でフィールドゴールを沈めながら、それぞれ第3~4Qに21得点を獲得する。

▼ハーデン vs. カリー

試合は、11点リードを付けていたウォリアーズが、第4Qラスト2分からターンオーバーなどのミスを連発。ロケッツはその隙をついて9-0ランを仕掛け、残り14秒で2点差に追い上げるも、カリーがフリースローを2本とも沈めて2ゴール差にし、ウォリアーズが110対106で逃げ切った。

Q1 Q2 Q3 Q4
HOU 31 24 24 27 106
GSW 24 34 26 26 110

ウォリアーズは、カリーが11本中6本のスリーを成功させ、ゲームハイの34得点を記録。前半のカムバックに大貢献したリビングストンは、FG成功率75%で18得点をマークした。

▼この親子、かわいすぎる

ロケッツは、ハーデンがチームハイの28得点、11リバウンド、9アシストの大活躍。特に後半は、1 on 1でクレイ・トンプソンを叩きのめすハイレベルなオフェンスを披露している。他には、トレバー・アリーザが5本中4本のスリーを沈め20得点、ジョシュ・スミスが17得点、3ブロックと奮闘した。

7得点、13リバウンドを獲得したハワードは、第1Qにスミスとの接触で左ひざを負傷。すぐに復活したものの、第4Q開始直後に再びベンチに下がり、その後フロアには戻っていない。

ハワードは現地20日に膝のMRI検査を予定している。

カンファレンスファイナル第1戦は、両チームのアシスト数が27対27、ペイントエリア得点が52対50、ファーストブレイク得点が28対28と、まさに互角の戦い。リバウンド数やフリースロー成功数はロケッツが上回ったものの、ターンオーバーを最小限に抑え、より多くのスリーを決めたウォリアーズに軍配が上がった。

この日のロケッツは、オフ・ザ・ボールのステファン・カリー、そしてカリー、リビングストン、トンプソン、バーンズ、グリーンのスモール・ラインアップにとことん苦しめられた印象。第2戦は、現地21日に再びオラクルアリーナで行われる。

Thumbnail via YouTube/NBA

参考記事:「ESPN

Tags: , , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑