ブログ %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%96%e3%82%b9-%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc

Published on 11月 26th, 2016 | by Tunaパスタ

0

キャブス、2試合連続で20本以上のスリーに成功

クリーブランド・キャバリアーズが現地25日、本拠地クイッケンローンズアリーナで行われたダラス・マーベリックス戦で43本中20本のスリーポイントショットを沈め、128-90で圧勝。21本のスリーから137点をスコアした現地23日のポートランド・トレイルブレイザーズ戦に続いて、再びロングレンジが火を噴き、今季成績を12勝2敗とした。

ESPNによると、レギュラーシーズンに2試合連続でスリー成功数20本を超えたのはリーグ史上初。1試合でスリー20本以上が記録された例は、今回のキャブスを除いて、わずか26回しかない(その内の7回が昨季のGSW)。

2日前のブレイザーズ戦ではケビン・ラブがピリオド34得点の記録的なパフォーマンスをみせたが、この日はカイリー・アービングが第1Qだけで4本のスリーを含む7本中7本のFGを決め、ピリオド19得点を獲得。第1Qを36-16でアウトスコアしたキャブスは、その後も攻撃の手を休めることなく、後半開始までにリードを34点に広げ、早々と勝負を決めた。

▼ケビン・ラブは2試合連続でチームハイ

Q1 Q2 Q3 Q4
DAL 16 22 17 35 90
CLE 36 36 24 32 128

キャブスは、ラブが9本中7本のスリーを沈め、27得点、10リバウンド、4アシスト、3スティールで大活躍。第1Qに19点を決めたアービングは最終的に25得点、レブロン・ジェイムスが29分の出場で19得点、11アシストをマークした。

今季開幕当初はスリーの本数を減らし、フリースローを稼ぐことに力を入れていたというラブだが、最近になってアシスタントコーチと試合の映像を見直したところ、ファウルをもらおうとしたために多くのシュートチャンスを無駄にしていたことを発見したそうだ。それ以降は、ポンプフェイクをやめて、クイックリリースを心がけるようにしているという。

「多くの選手が僕に対してハードにクローズアウトしてくる。だけど僕はサイズがあるので、キャッチ&シュートに専念すれば、素早くボールを放てるんだ。そのことを発見し、そして今はそれを実践できている」
– ケビン・ラブ

ラブはここ2試合で、21本中15本のスリーを成功させている。

一方のマブスは、これで8連敗となり、成績はリーグ最下位の2勝13敗。シーズン序盤から主力の怪我が続いたこともあり、オフェンスがまったく機能しておらず、1試合の平均得点でリーグ最下位、平均アシスト数でリーグワースト2位を記録している。ダーク・ノビツキーの契約は来季いっぱいまで残っているが、このまま本格的な再建モードに突入しそうだ。

Image by Erik Drost

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑