ブログ デアンドレ・ジョーダン 欠場

Published on 1月 15th, 2016 | by Tunaパスタ

2

デアンドレ・ジョーダンが2011年以来初の欠場、連続出場記録は360試合で終了

ロサンゼルス・クリッパーズのデアンドレ・ジョーダンが、肺炎により現地13日にステイプルズ・センターで行われたマイアミ・ヒート戦を欠場。現役選手の中で最長だった連続出場記録が360試合で途絶えることとなった。

ジョーダンが最後に試合を欠場したのは、2011年3月23日のワシントン・ウィザーズ戦。その時も今回と同じく軽度の肺炎が原因だ。それ以来約5シーズンに渡り鉄人ぶりを発揮してきたが、さすがに病気には勝てなかった。これで現在継続中の連続試合出場記録は、クリーブランド・キャバリアーズのトリスタン・トンプソン(324試合)にバトンタッチとなる。

なおジョーダンの360試合連続出場は、バッファロー・ブレーブス時代のランディ・スミス(595試合)に次いで球団史上最多2位の記録だった。

▼現役プレーヤーの連続出場記録

試合数
デアンドレ・ジョーダン 360(終了)
トリスタン・トンプソン 324
ジェフ・グリーン 281

ジョーダンに加え、ブレイク・グリフィンも離脱中で、先発ビッグ2人が不在となったクリッパーズだが、13日の試合では104-90でヒートに快勝。第2Q中盤で16点ビハインドに陥るなど、前半は苦戦したが、第3Qを34-17のダブルスコアで圧倒して一気に10点リードを奪うと、最後のクォーターは二桁点差を維持したまま終え、10連勝を達成した。

この日のクリッパーズは、ジョーダンの代わりにスタメンセンターに入ったコール・オルドリッチが、チームハイの19得点、7リバウンドを記録。さらにクリス・ポール(12アシスト)、ポール・ピアース、ジャマール・クロフォードの3選手がそれぞれ15得点を挙げた他、J.J.レディックが25分の出場で12得点を獲得している。

▼オルドリッジは第3QにCP3とのピック&ロールで大暴れ

Image by Disney | ABC Television Group

参考記事:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • big ticket

    HEAT悪くないけど連勝がなかなかできない

    • 確かにヒートは勝ちが続きませんね。今季はまだ4連勝が1度もなかったはず

Back to Top ↑