ブログ グリフィン

Published on 1月 24th, 2015 | by Tunaパスタ

4

ブレイク・グリフィンが今季一のアグレッシブムーブを披露

現地22日、全米ネットで中継されたブルックリン・ネッツ対ロサンゼルス・クリッパーズの試合で、ちょっと目を疑うような光景がテレビに映り込んでしまった。すでに勝敗が決していた第4Qの開始直後、ベンチで膝のトリートメントを受けていたブレイク・グリフィンが、作業中のトレーナーの頭を突然つかみ、自分の股間あたりに持っていくという不謹慎なジェスチャーをやってのけたのだ。

もちろんただの軽いジョークだが、これはちょっとした放送事故レベル。たとえ全米中継でなかったとしても、仕事中のいい大人がやるべきことではないっぽい。アナウンサーも思わず「Don’t do that!」とコメントを漏らした。

今季はゴール下でのパワープレーが減ったため、「積極性に欠ける」などと指摘されているグリフィンだが、こんな形でアグレッシブさを披露しなくても…。

まあこの日のグリフィンは、いつも以上にインサイドを果敢に攻めて14本中11本のフィールドゴールを成功させ、25分の出場時間で24得点を獲得している。第3Q終了時点で97-56の41点差という大圧勝を収めたということもあり、少しテンションが上がりすぎていたのかもしれない。

▼22日ネッツ戦、CP3&グリフィンハイライト

▼グリフィンのショットロケーションマップ(2013-14 vs 2014-15)

ブレイク・グリフィン シュートロケーション 2013-14 2014-15

ヒートマップ via NBA savant

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • kitsu

    タイトル笑いました笑
    やっぱりインサイドをガツガツ攻めるグリフィンのほうが好きです。

    • やはりグリフィンはガツガツ攻めるのが魅力的ですよね。今季は以前のような「対戦相手全員にダンクを叩きこんでやる」みたいな気概が薄れてきたような印象です。
      そういうフェーズなのでしょうか…

  • toshi

    初めてコメントします
    股間を触って2万ドルの罰金を科されたSeahawksのマーショーン・リンチよりよっぽどえげつないですね、これはw
    しかし、インサイドをがつがつ攻めるっていうのも、この映像を見てからだと意味深に感じてしまいますw

    • 初めまして!
      NFLはあまり詳しくないのですが、やっぱりNBAと同じく厳しいんですね。自分の股間を触って2万ドルとは、究極のペナルティですね。

      NBAだと、スパーズのマルコ・ベリネリがブルズ時代に巨大ボールのジェスチャーで1.5万ドルの罰金をくらっていたのが印象的ですw

      マーショーン・リンチの件に関してもちょっと厳しすぎるな思います。マイケル・ジャクソンは許されたのに…

Back to Top ↑