ブログ %e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%82%b9-52%e5%be%97%e7%82%b9

Published on 12月 31st, 2016 | by Tunaパスタ

4

アイザイア・トーマス、ピリオド得点でセルティックス球団新記録を樹立

ボストン・セルティックスのアイザイア・トーマスが、現地30日に行われたマイアミ・ヒート戦で、自己最多得点を大幅に更新する大活躍をみせた。

10日前のグリズリーズ戦でキャリアハイ44得点を獲得したばかりだったトーマスは、30日のヒート戦で9本のスリーを含む26本中15本のFGを成功させ、52得点をマーク。第4Qには、1ピリオドにおける球団最多となる29得点を記録して試合をテイクオーバーし、セルティックスを117-114での勝利に導いた。

セルティックスのプレーヤーがレギュラーシーズンの試合で50得点以上をマークしたのは、ラリー・バード(4回)、ケビン・マクヘイル、サム・ジョーンズ、ポール・ピアースに次いで、トーマスが球団史上5人目(プレーオフではジョン・ハブリチェックとレイ・アレンが達成)。52得点は、セルティックス史上最多4位の記録となる。また身長が6フィート(183cm)未満の選手の中では、元ロケッツのカルヴィン・マーフィーが1978年3月に記録した57得点以降でのリーグ最多得点だ。

▼セルティックス得点記録(レギュラーシーズン)

プレーヤー 得点 シーズン
1 ラリー・バード 60 1984-85
2 ケビン・マクヘイル 56 1984-85
3 ラリー・バード 53 1982-83
4 アイザイア・トーマス 52 2016-17

身長175cmでドラフト全体60位指名の選手が、名門セルティックの歴史に名を刻み込んだというのは、本当に素晴らしい。これで今季に50得点を突破した選手は、クレイ・トンプソン(60)、デマーカス・カズンズ(55)、アイザイア・トーマス(52)、ジョン・ウォール(52)、ラッセル・ウェストブルック(51)、アンソニー・デイビス(50)の6人となった。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 36s

    IT復帰してから大車輪の活躍ですね。
    身長の小ささを気持ちでカバーする姿勢が大好きです。
    どうせならドラッギチの前で決めて欲しかった。

  • ゆうき

    本当にかっこよすぎます( TДT)
    スリー9本もすごいのですが13本のフリースローを獲得したってことはそれだけリムにアタックしたってとですよね。あの身長で活躍できるというのは日々努力してるからなんでしょうね。僕の中でウエストブルックとアイザイアは現役選手の中で最も憧れの二人です。

  • YusukeIndia

    すごいですね!!
    身長175cmの選手がこんな活躍出来るって、日本人バスケットに本勇気をくれますよね!!!

    カッコイイ!!!

  • Ma Yo Kawakami

    ”ドラフト60位”ということもあり、当初は誰も注目しなかった選手。しかし闘志の精神力でここまであがってきたことに関しては頭が下がるばかり。
    ジャンプ後にボールを持ち帰る、フローターを少し高くする、レイアップ時にスピンを掛けるなど技術的に大変参考になることが多く、見ていて面白い選手です。

Back to Top ↑