ブログ レブロン ドラフト

Published on 7月 20th, 2016 | by Tunaパスタ

8

レブロン以前にドラフトされた現役選手はリーグに残り26人

月日が流れるのは本当に早い。レブロン・ジェイムスが「The Chosen One」と呼ばれ、2003年に鮮烈なデビューを飾ってからすでに13年。ついに今年は、長年NBAを引っ張り続けてきたコービー・ブライアントとティム・ダンカンが引退してしまった。気がつけば、レブロンより前にドラフトされた選手で現役を続けているのは、もうリーグに26人しか残っていない(2016年7月20日現在)。

以下、2015-16シーズンをプレーし、来季の現役続行が決定、もしくは今のところ引退を宣言していない選手(Via Reddit)。

  • 1995ドラフト:ケビン・ガーネット(全体5位)
  • 1998ドラフト:ビンス・カーター(全体5位)、ダーク・ノビツキー(9位)、ポール・ピアース(10位)、ナジー・モハメド(29位)
  • 1999ドラフト:エルトン・ブランド(全体1位)、アンドレ・ミラー(8位)、ジェイソン・テリー(10位)、メッタ・ワールドピース(16位)、マヌ・ジノビリ(57位)
  • 2000ドラフト:マイク・ミラー(全体5位)、ジャマール・クロフォード(8位)
  • 2001ドラフト:タイソン・チャンドラー(全体2位)、パウ・ガソル(3位)、ジョー・ジョンソン(10位)、リチャード・ジェファーソン(13位)、ザック・ランドルフ(19位)、トニー・パーカー(28位)
  • 2002ドラフト:マイク・ダンリービー(全体3位)、ネネイ(7位)、アーマレ・スタウダマイアー(9位)、カロン・バトラー(10位)、テイショーン・プリンス(23位)、マット・バーンズ(45位)、ラスール・バトラー(52位)、ルイス・スコラ(55位)

※ドラフト外の選手では、クリス・アンダーセンが現役(2001-02~)

現在でもチームの第1オプションとして活躍を続けているのは、ダーク・ノビツキーくらいか。なおSporting Newsの報道によると、ケビン・ガーネットは来季も現役続行を望んでいるようだが、膝の状態を懸念して、このまま引退することも検討しているという。

来年には、ここから何名の選手がいなくなってしまうだろう?

Image by Keith Allison

参考記事:「Reddit

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • お茶

    意外です…03年ドラフト組がもうベテランということなのでしょうか、まだ実感がないなあ笑
    ウエストは名実ともに新時代突入ですね
    2000年~2010年までは06年のマブスを除けばスパーズか、レイカーズかの時代で直近はスパーズサンダーウォリアーズかという構図
    名だたるスターは技術があるから名前を長くみて感覚が狂いますけど、本当にNBAで生き抜くのは大変ですね
    まさかレブロンがここまでのベテランになるとは、コービーもこれからはお前がジジイ扱いされるんだとレブロンを茶化していましたが
    イーストに新ビッグスターが現れてほしいな

    • 03年組はもはや完全に大ベテランですね。特にレブロンは、現役選手の中で、レギュラーシーズンとプレーオフを合わせたキャリア通算出場時間が、KG、ノビツキー、ピアースに次いで4位です。それだけのマイレージがありながら、未だにリーグ1~2位の選手でいられるというのは本当に奇跡だと思います。

      イーストはベン・シモンズがレブロンほどとはいかずとも伸びて欲しいですね。

  • masayann

    残っているメンバーは結構豪華ですね。ただKGには引退の噂が出ています、、、

    • KGまで引退となれば、本当に一時代の終わりになりますね。

  • ぐりん

    レイアレンってどうなったんですかね~?
    実質引退状態ですけど、引退宣言とか聞いてないような

    • レイ・アレンはどうなんですかね。今オフも複数のチームがコンタクトしているようですが、2年のブランクがあって41歳で復帰というのは、特に守備面で厳しいような気もします。

  • Yuki Yonehara

    初コメです。いつも楽しませてもらっています。
    改めてこうしてみると、レブロンのすごさはもちろん、ノビツキーのすごさもよくわかりますね。プレイスタイルが良いのかな。
    tunaさんの記事にはスパーズ愛はもちろん、ノビツキー愛もゆるやかに感じられるので、ノビファンとしては嬉しい限りです。

    • 初コメありがとうございます!
      レブロンはすでに大ベテラン組に入りますが、それでもいまだにリーグNo1プレーヤーで居続けられるというのは本当に凄いと思います。レブロンのプレースタイルを考えると、これまで大きな怪我が1度もなかったのは奇跡ですね。

      ノビツキーは大好きです。

Back to Top ↑