ブログ スパーズ ブレイザーズ 第3戦

Published on 5月 12th, 2014 | by Tunaパスタ

0

圧倒的強さのスパーズ、シリーズ3試合でブレイザーズに33秒間しかリードを許さず

第1ラウンドのような大接戦が期待されたスパーズ対ブレイザーズのウェスタンカンファレンス・セミファイナルだが、蓋を開けてみればとんでもないワンサイドな展開となった。

10日の第3戦では、スパーズが再び二桁台の得点差で快勝し、早くもカンファレンスファイナル進出にリーチ。なんとシリーズ最初の3試合を通して、ブレイザーズがリードをキープできたのはわずか33秒間しかないのだ。

スパーズ カンファレンスセミファイナル

ブレイザーズの33秒に対して、スパーズのリード時間は134分25秒。同点が6分15秒。ここまで一方的な試合展開の主たる理由は、スパーズの立ち上がりの良さにある。

過去3試合の前半終了時点で、いずれもスパーズは60点以上をスコア。20点前後のリードを作り、3試合とも早々とゲームペースを掌握している。

▼スパーズの前半得点、右は得点差

両チームの最も大きな違いは控え選手のパフォーマンスだ。3試合を合計すると、スパーズのベンチ得点が140点なのに対して、ブレイザーズはわずか43点。他にもアシストやスティール面でスパーズが圧倒している。

WCセミファイナル(3試合)
スパーズ ブレイザーズ
得点 348 292
ベンチ得点 140 43
アシスト 71 47
リバウンド 127 132
スティール 29 14
FG% 50.8% 41.3%
ターンオーバー 27 47

 

またブレイザーズは、トニー・パーカーに対してデイミアン・リラード、ニコラス・バトゥム、ウェス・マシューズの3選手をぶつけてきたが、まったく止められる気配なし。シリーズ3試合で平均26得点、8.5アシストのやりたい放題を許してる。

▼パーカー、第3戦ハイライト

ブレイザーズがシリーズをひっくり返すには、ゲーム戦略、特にディフェンスプランを大きく変更させる必要がある。ちなみに、NBAプレイオフの歴史でシリーズ0勝3敗から逆転を果たしたチームは1つもない。

Video:「YouTube

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑