ブログ ギルバート・アリーナス 年棒

Published on 4月 19th, 2014 | by Tunaパスタ

2

NBA2013-14シーズンのプレーヤー年棒ランキング、なんと3位は現役選手ですらない

すでに今季レギュラーシーズンも終了し、ちょっと今さら感があるが、改めてリストを見たところ驚きだったのでシェアしたい。

以下は、NBA2013-14シーズンの年棒ランキングトップ10。

  Player 年棒(ドル) チーム チーム成績
1 コービー・ブライアント $3050万 レイカーズ 27勝55敗
2 ダーク・ノビツキー $2270万 マブス 49勝33敗
3 ギルバート・アリーナス $2230万 N/A N/A
4 アマーレ・スタウダマイアー $2170万 ニックス 37勝45敗
5 カーメロ・アンソニー $2150万 ニックス 37勝45敗
6 ジョー・ジョンソン $2150万 ネッツ 44勝38敗
7 ドワイト・ハワード $2050万 ロケッツ 54勝28敗
8 パウ・ガソル $1930万 レイカーズ 27勝55敗
9 クリス・ボッシュ $1910万 ヒート 54勝28敗
10 レブロン・ジェームズ $1910万 ヒート 54勝28敗

当然ながら、選手の契約金の大きさがそのまま貢献度に比例するわけじゃない。ダントツトップのコービーは怪我のためわずか6試合の出場に終わったし、ニックスではスタウダマイアーがカーメロよりも多く貰っている。

中でも群を抜いて酷いのが、第3位のギルバート・アリーナスNBAの登録選手ですらない男が、レブロンよりも15%増しくらい多く稼いでいるのが驚きだ(レブロンはヒートに移籍して自ら低い契約金を選んだわけだが…)。

ちなみにESPNの調べによると、アリーナスの年棒は、今年からメジャー入りした田中将大(2200万ドル)よりも多く、世界のアスリートで30番目となっている。

悲しいことに、今季15.9得点を平均し、ロールプレーヤーとして大活躍したロケッツのチャンドラー・パーソンズの年棒はわずか92万ドルで、アリーナスの20分の1以下。さらに無意味な比較をすれば、カイリー・アービング(590万ドル)とポール・ジョージ(328万ドル)の年棒を足して2倍にしてもアリーナスには及ばない。

この悲惨な契約にはまり込んでいるのはオーランド・マジックだ。2010年にウィザーズとラシャード・ルイス/アリーナスのトレードを成立させたことで、大きなマイナスを抱え込んでしまった。

マジックは2011年に「アムネスティ条項」を行使しているため、アリーナスの年棒はチームのサラリーキャップに計上されないが、契約金はきっちりと耳を揃えて支払わなければならない。

Thumbnail:「Keith Allison via Flickr」

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 龍 辰巳

    一応ルイスはまだシューターとして使い物になってますもんね

    • tunadrama

      確かに。昨季のカンファレンスファイナルとファイナルでは予想以上の活躍でした。

Back to Top ↑