試合結果 開幕戦 レイカーズ対クリッパーズ

Published on 10月 31st, 2013 | by Tunaパスタ

0

コービー不在のレイカーズ、ベンチ大活躍でクリッパーズ下す

絶対的エースのコービー・ブライアントは不在、相手はリーグ屈指の爆発力を持つクリッパーズ。そんな不利な状況の中、蓋を開けてみると、開幕戦のLA対決を制したのはレイカーズだった。チームを牽引したのは控えの面々だ

第3Qまで一進一退の攻防が続いたこの日の試合。同点で迎えた第4Qに、レイカーズのセカンド・ユニットが大爆発する。何と最後の12分間に41得点をあげる猛攻撃で、クリッパーズのスターターたちを完全にねじ伏せ、116対103で勝利をもぎ取った。この間、パウ・ガソルやスティーブ・ナッシュなどのレイカーズのスター選手は一切コートに出ていない。

▼第4Q、レイカーズリザーブ陣の猛攻

控え選手たちの奮闘を目の当たりにしたステイプルズ・センターは、大歓声に包まれた。映像で見るだけでも、まるでプレイオフのような熱気が伝わってくる。こんなにレイカーズのスタジアムが沸いたのは、2010年ファイナル以来じゃないかと思うくらいに…。

レイカーズはこの日、リザーブだけで合計76得点を獲得した。起爆剤となったのは、今季からチームに加わったザビエル・ヘンリーだ。

レイカーズは、ヘンリーがキャリアハイの22得点をマーク。今季からレイカーズに舞い戻ったジョーダン・ファーマーも16得点を獲得し、勝利に大きく貢献した。

クリッパーズは、ブレイク・グリフィンがチームハイの19得点を獲得。クリス・ポールは15得点、11アシスト、5スティールの活躍をみせるも、レイカーズベンチのテイクオーバーを前に、あと一歩及ばなかった。

昨季は得点力がリーグワースト3だったレイカーズのベンチだが、今年は頼りになりそう?

Thumbnail:「YouTube

 参考記事:「Yahoo!Sports

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑