News %e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a4%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%83%96%e3%83%bb%e3%82%b6%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af-%e7%ac%ac6%e9%80%b1-2016-17

Published on 12月 6th, 2016 | by Tunaパスタ

3

アデトクンボとウェストブルックが2016-17第6週のプレーヤーズ・オブ・ザ・ウィーク

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボとオクラホマシティー・サンダーのラッセル・ウェストブルックが、2016-17シーズン第6週のプレーヤーズ・オブ・ザ・ウィーク(週間最優秀選手)に選出された。

2015年2月以来初でキャリア通算2度目の週間最優秀選手に選ばれたアデトクンボは、11月28日から12月4日に行われた3試合で24.3得点、10.0リバウンド、6.3アシスト、3.67スティール(リーグ1位)を平均。11月29日のクリーブランド・キャバリアーズ戦でキャリアベストタイの34得点、12リバウンド、5スティール、5アシストを獲得するなど、攻守でオールラウンドに活躍し、バックスの週間3勝0敗に大貢献した。

▼キャブス戦34得点

第1週に次いで今季2度目の選出を果たしたウェストブルックは、先週の3試合すべてでトリプルダブルをマークし、30.0得点(リーグ3位)、16.0リバウンド(リーグ2位)、12.3アシスト(リーグ2位)を平均。30日のウィザーズ戦では、第4Q残り8秒で試合をオーバータイムに持ち込むスリーを沈めるなど、クラッチタイムでのパフォーマンスも見事で、サンダーを週間3勝0敗、5連勝へと導いた。

なおウェストブルックは、現地12月5日の時点で、連続トリプルダブル記録を1989年のマイケル・ジョーダン以来で最多となる6試合連続に伸ばしている。

▼ウィザーズ戦、35得点でTD達成

2016-17シーズンの第6週は他に、ジョン・ウォールが平均17.0得点/13.7アシスト/2.3スティール、ブラッドリー・ビールが28.3得点/3P成功率57.1%と、ウィザーズのバックコートコンビが活躍。ウェスタンカンファレンスでは、ジャズのゴードン・ヘイワードが4試合で29.8得点、4.3リバウンド、4.0アシストを記録している(ジャズは週間3勝1敗)。

▼第6週のTop10プレイ

参考記事:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ゆうき

    やったー(*^▽^)/!!僕の好きなプレイヤーがそろって選出されるなんて!
    いやーヤニスはまだ若いのに末恐ろしいですね( ; ゜Д゜)本当にマジックみたいになれるかも。ウエストブルックはこれが通常運転ですからね(笑)彼は終盤怪我しないようになるべく疲労がたまらない事だけを願ってます。サンダーとバックスどちらも好きなチームなのでPOでも活躍をみたいですねー(* ̄∇ ̄)ノ

  • お茶

    ツナさんの選ぶヤニス画像かっこいいものばかりですね!
    モンスター感が際立ちます 
    彼にマジックばりのボールスキルが身についら本当にアンストッパブルですね

  • teayudo

    絶対的支柱のセンターがゲームを支配する時代から、外も中もいける自分から点を取るガードの時代へ、
    そしてこれからは機動力のあるビッグマンの時代か?!
    ポルジンギス、アテトクンポ、エンビード、オカフォー、ホワイトサイド、ドラモンド、ボバン、ハワード、タウンズ、デイビス、Mガソル、カズンズ、Dジョーダン、
    いろんなタイプのビッグマンがいて面白い。そこだけ見ると、東の方が少し有力か?!若手が多いですね。楽しみ。

Back to Top ↑