プレイオフ ウォリアーズ サンダー 第3戦

Published on 5月 23rd, 2016 | by Tunaパスタ

10

【GSW-OKC第3戦】サンダーが28点差の圧勝、KDとラスは3ピリオドで63得点

現地22日にチェサピーク・エナジー・アリーナで行われたオクラホマシティー・サンダー対ゴールデンステイト・ウォリアーズのWCファイナル第3戦は、OKCのダブルエースが最初の3ピリオドで60得点を超える秀逸なパフォーマンスでチームを牽引。サンダーが133-105の大差でウォリアーズを撃破し、シリーズを2勝1敗とした。

この日は、スティーブン・アダムスが試合開始直後にステファン・カリーのスリーをブロックするというファインプレーをみせ、チームにエネルギーを注入。サンダーは最初のフィールドゴール17本中11本を決める幸先の良いスタートを切り、第1Q終盤でさっそく12点リードを獲得する。

その後ウォリアーズはすぐに巻き返しを図り、第2Q残り8分30秒で40-40の同点となったが、ここからサンダーはハーフタイムにかけて32-7でウォリアーズをアウトスコアする怒涛のランを展開。72-47の25点リードで試合を折り返し、完全に主導権を握ると、後半に入ってからも攻撃の手を一切休めることなく、第3Q終了時点で点差を37点に拡大し、第4Qは主力をベンチに下げたまま完全勝利を収めた。

Q1 Q2 Q3 Q4
GSW 28 19 33 25 105
OKC 34 38 45 16 133

サンダーは、ケビン・デュラントが33得点、FG成功率66.7%、ラッセル・ウェストブルックが30得点、12アシスト、8リバウンドをマーク。サージ・イバカが14得点/8リバウンド、アンドレ・ロバートソンとディオン・ウェイターズがそれぞれ13得点、エネス・カンターが10得点と、合計6選手が二桁得点を獲得している。

▼ウェストブルック

この日のサンダーは、ペイントエリア得点で62-44、ファーストブレイク得点で29-13、リバウンド数で52-38と圧倒し、球団のプレーオフ最多タイ記録となる133点をスコア。最も印象的だったのは、試合の決め手となった第2Q後半ラスト6分間にデュラントをPF、イバカをCに置いたラインアップで臨み、相手が得意とするスモールボール対決でウォリアーズを完全にねじ伏せたところだ。また第3Qの45点は、1ピリオドにおけるサンダーのプレーオフ最高記録となる。

守備面でも、ほぼすべてのオンボール/オフボール・スクリーンに対してスムーズにスイッチする見事なチームディフェンスを展開し、ウォリアーズのリズムをとことん狂わせた。

▼OKCのD

予想外の惨敗を喫したウォリアーズは、ステファン・カリーが24得点、クレイ・トンプソンが18得点をマーク。他に二桁得点に達した選手はゼロで、ドレイモンド・グリーンはFG9本中1本の6得点、4ターンオーバーと精彩を欠いた。

グリーンのフレグラントファウル1

徐々に点差が広がり始めた第2Q残り6分、ドレイモンド・グリーンがローポストでスティーブン・アダムスからファウルを受けた際、グリーンの右足がアダムスの下腹部を直撃。レビューの結果、グリーンにはフレグラントファウル1がコールされた。

角度によっては、狙ってやったように見えなくもないし、偶然の事故にも見える。とにかく、アダムスがグリーンから下腹部アタックを受けたのは、前の試合に続いてこれで2度目だ。チェサピーク・エナジー・アリーナでは、「グリーンを追い出せ」と大ブーイングが巻き起こった。

グリーンは試合後、このプレーについて「故意ではなかった」と主張している。

「あれはショットのフォロースルーだった。相手の下腹部に蹴りを入れようとしたわけじゃない。彼(アダムス)もいつか子供を持ちたいと考えているはずだ。僕がそれをバスケットボールコート上で終わらせるつもりはないよ。そんなのは馬鹿げた話だ」
– ドレイモンド・グリーン

またウォリアーズのスティーブ・カーHCは、試合後の会見で、グリーンのフレグラントファウルは取り消されるべきだと述べ、「ああいった接触プレーはよくあること」とコメントした。

「コンタクトがあり、選手が腕や足を振り回す。もし彼ら(リーグ)があれを故意だと考えるのなら、『バスケットボールをプレーしてみろ』と言いたい。ウェストブルックもスリーを打つたびに足を前に蹴りだし、コンタクトが起こる。それもバスケットボールの一部だ。どうすればあのプレーがフレグラントファウル1とみなされたのか、私には理解できない。(グリーンのフレグラントファウルは)取り消されるべきだと思う」
– スティーブ・カー

その一方で、ウェストブルックはカーHCと違う見方を持っており、「正直、あれは故意だったと思う。ここ2試合で2度目だ。他人のプライベートエリアを蹴り続けていいとは思わない」と試合後のインタビューで語った。

下腹部へのファウルは、後日に追加処分を科されるケースが度々ある。最近では、キャブスのダンテイ・ジョーンズが、先日行われたラプターズとのシリーズ第3戦で、ビズマック・ビオンボの下腹部を攻撃したとして、1試合の出場停止処分を与えられたばかりだ。

▼問題のプレー

ウォリアーズは敗戦後の試合に強いチームで、今季はレギュラーシーズンとプレーオフの両方で連敗がゼロ。昨季もカンファレンス・セミファイナル(グリズリーズ)とNBAファイナル(キャブス)でシリーズ1勝2敗から見事にカムバックしたが、もしディフェンスの要であるグリーンが出場停止処分となれば非常にまずい。第4戦は、現地24日に引き続きオクラホマシティーで行われる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 龍 辰巳

    いやー、アツい、今年もプレーオフはアツいですね!
    残念ながら気温も5月とは思えないほど暑いんですが…笑
    サンダーがシリーズリードとはいえ、2勝1敗でのリードがなんでもないに等しいのは、先のスパーズとサンダーのシリーズよろしく、バスケの歴史が証明するところ。とはいえまさに戦力をフル活用したバスケでウォリアーズを打ち負かしたサンダーを見ると、もしや?とも思います。とにかくもプレーオフでは、4勝するまではなにも成し遂げていないも同然。この先を読めないワクワクは何度経験してもいいものです。

    • まだ5月なのにすっかり暑くなりましたね。
      サンダーがむちゃくちゃ強いです。セミファイナルの第1戦で惨敗してから、スイッチが入った感じでしょうか。コーチングも含め、すべての歯車が噛み合っています。
      シリーズがこの先どうなるのかまだまだ分かりませんが、ここまでウォリアーズが最後まで何もできずに負けたのは少し気になりますね。ニュートラルな立場からすれば、とりあえず接戦が見たいです。

  • spi

    OKCとのラウンド、負け方が悪すぎる気がします。今日なんかほぼ試合になってないような。
    グリーンは元々テクニカルファウルが多いし、ここはOKCだし、印象が悪くなって当たり前でしょうね・・・。
    GSは外が入らなくてもペイント内のシュート率が良いので持ちこたえられるはずなのですが、それがOKC相手だと通用してないですね。
    次落としてしまうとやはり厳しいですから、どうにか頑張って欲しいです。
    イグダラとかリビングストンとか、もう少し存在感を見せて欲しいです。

    • 確かに酷い負け方でしたね。ボックススコアでは28点差でしたが、試合の内容的には40点差の完全ワンサイドゲームでした。しかも、試合後に最も議論された話題がグリーンの急所蹴りとか…。とりあえずサンダー相手に、不注意のターンオーバーやバッドショットは命取りですね。

  • 通りすがりのGSWファン

    今日は正直前半で諦めてました・・・。シュートも決まらない(ブロックされる)、ファウルでFT与えまくり、ディフェンスはボロボロ。同点だった2Q序盤からハーフタイムまでにどうしてこうも大差がついてしまったのか。KDとウェストブルックがすごすぎましたね。
    グリーンの股間蹴りについては直前にアダムスからファウルを受けているから、故意ではないと思いますが出場停止になったらGSW的には相当やばいですね・・・。
    ともかく次戦勝ってホームコートアドバンテージを取り戻して欲しいです。

  • YusukeIndia

    2Q途中でウォリアーズが同点に追いついてからどうしてこうなったのか?? ウォリアーズの集中力が途切れたのか、サンダーのスイッチに火がついたのか… 32-7のランなんて初めて見ました。
    しかし、このカードどちらが強いのか本当によくわかりません。 大勝直後のゲームで大敗とか、あまりバスケでは起こらない現象だと思うんですがね…
    とはいえ次戦もしグリーンが出場出来なかったら本当にウォリアーズまずいかも? 実は…ウォリアーズ応援しとります。 頑張ってもらいたいです!

  • PANTA

    GAME3はウォリアーズの悪いとこが全部出てしまったような内容でしたね。

    GAME2といい、実力が拮抗しているだけに少しの間違いから一気に勝敗が決してしまいます。今日はサンダーの夜でした。
    とはいえ、ここまで連敗なしのGSにはここから底力を発揮してもらいたいです。

    ドレイモンドも故意ではないと信じています。が、少し冷静になってもらいたいです。
    CFのどちらのカードも、まだまだ盛り上がりそうで楽しみです!

  • Ma Yo Kawakami

    問題のプレーは試合の流れで起きる接触プレーのひとつ。ただあのプレーでOKCに火をつけてしまった感が否めません。バークレーは、ハーフタイム中に、もう試合を続けなくていいと言ってましたね。

    いいところなしで終わったGSWはどう修正してくるのか、見ものです。特にインサイドをどう修正するのか?です

  • masayann

    次OKCが勝つとシリーズが決まったような感じになるのでGSWはつぎは必ずとらないと、、、グリーンは第四戦も出られるみたいですね

  • plusone ttwo

    まさかOKCが大差で勝つとは。これだからプレーオフは面白いですね。
    やはり今年はデュラントがいるのが大きいですね?
    逆にウォーリアーズはちょっと心配ですね。レギュラーシーズンでも大差で負けることはあまりなかったのになぁ。ウォーリアーズらしくない。
    いずれにせよ次の試合が鍵ですね。王手をかけられたら一気に崩れてしまいそうな気がします。

Back to Top ↑