Video %e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3-53%e5%be%97%e7%82%b9

Published on 1月 1st, 2017 | by Tunaパスタ

9

ジェイムス・ハーデン、キャリアハイ53得点でのトリプルダブル達成

ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンが、キャリア最高のオフェンシブパフォーマンスで2016年を締めくくった。

ハーデンは、現地31日にトヨタセンターで行われたニューヨーク・ニックス戦で53得点、17アシスト、16リバウンドを獲得。得点とスリー成功数(9本)で自己ベスト、アシスト数で自己ベストタイを記録し、今季8回目のトリプルダブルを達成した。50得点以上でのトリプルダブルは、10月28日のラッセル・ウェストブルックに続いて今季2度目で、それ以前では1975年のカリーム・アブドゥル・ジャバーにまで遡る大記録だ。

これは凄すぎる…。この日のロケッツは129得点をスコアしてニックスに勝利。その内の95点に、ハーデンが自らの得点またはアシストで貢献した。まさにロケッツのオフェンスそのものだ。

なお、ハーデンの記録は、1967-68のウィルト・チェンバレンと並ぶ歴代最多得点でのトリプルダブル。また1試合で50得点/15アシスト/15リバウンド以上が記録されたのは、今回がNBA史上初となる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ケンタブー

    今季はチームエースがクッキリわかるスタッツが多いですね。
    それでもチームスポーツを象徴するようにキャブスとウォリアーズは強いですが…。
    17年もNBAを楽しんでいきたいですね。

    勝手ながら、今年も楽しませていただきます!
    今年もよろしくお願いします。

    • 昨年もたくさんのコメントありがとうございました。今年もよろしくお願いします!
      今季は特にハーデンとウェストブルックのワンマンぶりが凄まじいですね。両チームとも予想以上の好成績です。これからMVPレースがどうなっていくのか楽しみです。

  • Ma Yo Kawakami

    本年もよろしくおねがいいたします。
    ニックスのトーマスとホリデーがマッチアップでしたが、ジャンプシュート前の接触でファール&フリースローとなるプレーが何度かあり、最後までデフェンスの対応策に苦慮していた感じ。ことしのヒゲはアシストもありますので。
    昨年のShaqtin Fool MVPの要因となったデフェンスも、今年は手を抜かずに頑張っているように見受けられます。今のところは。
    メロ、KP6、リー抜きでも4Q終盤まで接戦だったニックス。
    ローズが完全復活し、輝きを取り戻した気がします。

    • いつもありがとうございます。今年もよろしくお願いします!
      確かに今季のハーデンは、オフボールやトランジションの守備で昼寝するようなシーンがすっかりなくなりましたね。ディフェンスはスキル以上にやる気が大切なのだなと改めて思います。

  • PANTA

    TDの記録で‟NBA史上初”とか‟チェンバレンと並ぶ”記録というのは珍しいですね?凄いです

    今季のハーデンはPGにコンバートしただけでここまで変わるのか、といった無双っぷり。
    何気にTDの回数も昨季ラスを上回るペース。
    ハーデンワンマンのチームが現状3位というのも驚きです。あのOF力にはGSWも辛酸を舐めさせられましたし、ダントーニシステムがうまく機能しているみたいですね。

    最後に、本年もよろしくお願いいたします。

    • 今年もよろしくお願いします。
      どんな記録にせよ、“ウィルトと並ぶ”というのはとてつもない功績ですね。今季はラスとハーデンのせいで、TDに対する特別感がなくなってきました笑 
      ロケッツは想像以上に強いです。開幕前は守備が不安かなと思っていましたが、それが問題にならないくらいに点を取りにきますね。1試合120点があたりまえになってきた感じです。

  • YusukeIndia

    あけましておめでとうございます(^ ^)

    ウエストブルックにどはまりしている今シーズンですが、実はハーデンの活躍も凄まじいですよね!
    特にこの試合はとんでもなかったです!

    皆わかってることだから言う必要はないですが、ハワードが抜けてロケッツはより強くなりましたね(^ ^)

    • 36s

      ハワードというより、ダントーニが来てってほうが正しい気はします。
      ハーデンおよび他のメンバーもダントーニのシステムに合ってたのかなと。
      じゃあATLの不調は誰のせいなのかと言われるとなんとも言えませんが。。。

    • おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

      今季のハーデンとラスは前代未聞レベルの活躍ですね。ロケッツは、ハワードが抜けて、ローポストでボールを要求する選手がいなくなり、チーム全員が与えられたロールに納得/満足できているというのが大きいかもしれません。

Back to Top ↑