ブログ ジェイムス・ハーデン ファウルコール

Published on 11月 26th, 2014 | by Tunaパスタ

0

アマレ・スタウダマイヤー 「まるで天使がハーデンにフリースローを与えているよう」

24日に行われたニューヨーク・ニックス対ヒューストン・ロケッツ戦で、ジェイムス・ハーデンはゲームハイの36得点を記録した。接戦で迎えた第4Qでは、2本のスリーポイントと6本のフリースローを沈め12得点を獲得。正念場の大活躍でチームを勝利に導き、客席からはハーデンへのMVPコールが巻き起こった。

▼ハーデン、ニックス戦ハイライト

ハーデンはドライブからファウルをもらいに行くのが上手い。今季のフリースローアテンプト数は1試合平均10本でリーグ1位を記録している。積極的にゴールをアタックすることで得られるボーナスだが、一部では「ハーデンへの笛が少し甘すぎるのでは?」と疑問を抱く声も少なくない。ニックスのアマレ・スタウダマイヤーもその1人のようだ。

「ジェイムス・ハーデンはゲーム終盤に奇跡的なファウル判定をもらっていた。まるで天使が舞い降りてきて、彼のためにファウルをコールし始めたかのようにね。どうしてハーデンにコールが与えられていたのか理解できない」
– アマレ・スタウダマイアー

スタウダマイアーが触れているのは第4Q残り3分7秒と1分13秒でのファウルコールのことだろう。

ファウル1 ・ファウル2

1つ目は50/50かもしれないが、2つ目は正しい判定に見える。

Image by Angel_Blue/Flickr

ソース:「ClutchFans

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑