ブログ %e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%ba-%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%ba

Published on 11月 5th, 2016 | by Tunaパスタ

8

レイカーズがウォリアーズに圧勝、カリーの3P成功連続試合記録は157で止まる

現地4日にステイプルズ・センターで行われたロサンゼルス・レイカーズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズ戦は、レイカーズが1度もリードを譲ることなく117-97で圧勝。昨季3月の試合に続き、再びホームでカンファレンス王者を破壊した。

この日は、ステファン・カリーのシューティングが絶不調で、スリーアテンプト10本すべてに失敗。これにより、2014年11月11日から続いていたレギュラーシーズンの3P成功連続試合記録が途絶えることとなった。157試合連続のスリー成功は、歴代NBAの最長記録となる(2位はカイル・コーバーで127試合)。

試合は、8連続得点でスタートしたレイカーズが序盤から主導権を握り、後半開始直後で73-52の21点リードを獲得。そこからウォリアーズは29-14のランを展開し、第3Q終盤までに一気に6点差まで追い上げるも、レイカーズはベンチユニットが大奮闘して、すぐにリードを二桁に戻す。

▼ラリー・ナンスJr.が第2Qに強烈な一発

その後もウォリアーズは何度か巻き返しを試みるが、好守備をみせてもすぐにターンオーバーで台無しにするなど、ケアレスなミスを連発し、試合の流れを変えることに失敗。一向に点差を縮められないまま、第4Q残り4分にはスタータをベンチに引っ込めて白旗を上げた。

Q1 Q2 Q3 Q4
GSW 15 33 34 15 97
LAL 24 41 28 24 117

優勝候補相手に大金星を挙げたレイカーズは、ジュリアス・ランドルが20得点/14リバウンド、ディアンジェロ・ラッセルが17得点を記録。さらにルー・ウィリアムズが20得点、ラリー・ナンスJr.とルーキーのブランドン・イングラムがそれぞれ12得点と、控えメンバーが好パフォーマンスをみせた。ベンチ得点では61-31でウォリアーズを大きく上回っている。

今季4勝2敗となったウォリアーズは、ケビン・デュラントが27得点、ドレイモンド・グリーンが16得点/9リバウンドを獲得。スプラッシュブラザーズは2人ともショットの調子が悪く、カリーはFG成功率29.4%の13得点、クレイ・トンプソンはFG22.2%の10得点に終わっている。チーム全体では、スリー成功数が32本中わずか5本、さらにシーズンワーストとなる20ターンオーバーを出してしまった。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • お茶

    全く予想していない結果でした、大きな5割復帰になったと思います
    ベンチではナンスは勿論ルーウィリアムスやブラックの活躍も大きかったです
    ラッセルのクイックプルアップジャンパーを見ているとこの先が楽しみになりますね、ディフェンスが近くても全く苦にしていません
    ランドルはコービーのいうようなザックランドルフの身体をもったラマーオドムになり得るべき能力をこれからも見せてほしいです、試合後は毎回ワールドピースから守備の手解きを受けているようですしどんどん成長していってほしいです
    今後のシーズンが楽しくなりそうな若手の躍動するいい試合でした

  • AI

    気持ちいいぐらいにインサイド狙われてるなぁ…
    そしてカリーの記録を止めるのがLALなんて誰が予想できただろうか
    これはコービーの魂を継いでますわ(これが言いたいだけ

  • 龍 辰巳

    カリーは秋の珍事で済ませるにしても、トンプソンはオリンピックからずっと不調を引きずっていますね。疲労が原因なのか、それとも他に原因があるのでしょうか?ウォリアーズが圧倒的すぎても面白くないとはいえ、やや心配ですね。

  • 名無し

    ラッセルとヤングが仲よさそうで何よりです。なんというか、あれだけの事件を起こされながら今では笑顔でラッセルとプレイしてるヤングを見て安心しました

  • ラスト

    この結果は全く予想出来ませんでしたね。 まさか勝つとは思ってもいませんでした。ウォーリアーズは昨季と比べてしまうとやはりディフェンスが良くないですね。ディフェンスリバウンドが取れないのと、心なしかディフェンスに対する意識が低下してるように思えます。やはりボーガットの存在はウォーリアーズにとって大きかったのですかね。後はスリーポイントですね。トンプソンがオリンピックから調子があまり良くないかと。やはりファイナルからオリンピックと疲れが溜まってるんですかね?レイカーズはランドルがいい活躍でした。リバウンドをあれだけ抑えられるのはいいですね。ターンオーバー少しも多かったですが(笑) レイカーズの未来は明るいのかと思います。

  • 愚弄堕

    BOSファンの自分としてはLALには再建してもらいそれをボコボコにして欲しいです笑
    しかし、名門チームは落ちても復帰が早いです印象があります

  • YusukeIndia

    本当にビックリの結果でした!!
    けど、確か去年もレイカーズに負けましたよね…

    前のサンダー戦でボロ勝ちしたから、シーズンは楽に一位通過出来るだろう、という気の緩みがあったんじゃないのかな? と思います。

    それにしてもカリーが10のゼロで記録途切れたのは残念でした(>_<)

  • 一番搾り

    明らかなインサイドの弱体化から来ているディフェンス力の低下。
    ボガットや、イジーリの抜けた穴は、グリーンへの負担とシューターの不安を増加させている。
    群雄割拠。
    こりゃ、西も楽しくなりそう(^○^)
    ダラスやニューオリンズも不調だし、無いだろうけどLALがPO出たら、楽しすぎる!

Back to Top ↑