ブログ レイカーズ 惨敗

Published on 1月 24th, 2017 | by Tunaパスタ

2

レイカーズ、球団史上最大の得点差でマブスに惨敗

名門ロサンゼルス・レイカーズの低迷になかなか終わりが見えない。

開幕20試合で10勝10敗と、ここ数年で最高のスタートを切り、このままウェストの8位シードレースに参加できるかもという期待もあった今季レイカーズだが、その後の28試合で6勝22敗と大失速してカンファレンス最下位に転落。現地22日に行われた試合では、ダラス・マーベリックスに122-73で大惨敗を喫した。

レイカーズにとって49点差での敗北は、60年以上の球団史上で最悪のブローアウトロスとなる。

▼LAL、マブス戦ショットチャート

レイカーズ マブス戦ショットチャート

レイカーズは、チーム合計で21本中18本のスリーに失敗し、FG成功率が73本中28本の38.4%。ショットミスをセカンドチャンスに繋げることもできず、オフェンスリバウンドはわずか5本に終わっている。

この日は、コービー・ブライアントが81得点をスコアした伝説の試合からちょうど11年。当人の引退後に初めて迎えた記念日に、チームは75点にも届かず、その一方でマブスにスリー17本、9スティール、23ファーストブレイク得点を許してしまった。

「チームとして、球団として恥ずべき結果。今夜は戦う姿勢がまったく見られなかった。それが理解できない」
– ルーク・ウォルトンHC

現在レイカーズは、ポイントガードのディアンジェロ・ラッセルが膝とふくらはぎの負傷で離脱中。さらに毎年恒例のグラミー賞遠征で、次の11試合中9試合がロードゲームと厳しいスケジュールが続く。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • Ma Yo Kawakami

    ジェリー・バスが亡くなってから本当に低迷してますよね。近年のドラフトで何度も失敗。ジェリーウエストにお願いして戻ってきてもらうのが一番かと思ったりしてます。クリッパーズを成績が相対し、この低迷は長く続くと考えてます。。。

  • お茶

    シーズン序盤はエネルギッシュに戦い善戦しましたが、怪我人が続出したのを皮切りに完全に勢いが止まり怪我人復帰後も勝てなくなってしまいました
    ランドルが働いた時は勝てると思うので、彼が活きるほど外が周りだして中もあくチームをつくってほしいです
    ディフェンスは伝統的にいいチームではないですけど、なんとか安定する骨格をつくってほしいですね

Back to Top ↑