ブログ ヒューストン・ロケッツ

Published on 4月 22nd, 2013 | by Tunaパスタ

0

ロケッツのGMが米掲示板に降臨!!「ゼネラルマネージャーだけど質問ある?」

NBAのGM(ゼネラルマネージャー)は、フランチャイズにとって最も重要な役職のひとつだ。チームの編成や方針の最終的な判断を下し、トレードやドラフトなどの決定権を有する、チームのラスボス的存在である。


プレイオフを翌日に控えた19日、ヒューストン・ロケッツのGMダレル・モーリーが海外掲示板「Reddit」を訪れ、ファンたちの質問に答える「AMA(Ask Me Anything)」セッションを行った。いわゆる「○○だけど質問ある?」タイプのスレッドだ。

とても興味深いやり取りがたくさんあったので、ここでいくつか紹介したい。

以下はRedditスレッドの妙訳


ロケッツGMだけど質問ある?


Q1.第4Q終盤で接戦になると、アイソレーション・プレイに頼ることが多いですよね。そのことにファンは不安を感じています。こういった状況でのジェイミー・リンやジェームス・ハーデンの使い方についてどう考えていますか?

↑モーリー:
「ほぼすべてのチームが、ゲーム終盤でアイソレーションプレイを増やしますね。例えば、時計をコントロールして相手の攻撃時間を削るためであったり。もしくは、プリメーターのスクリーンでディフェンスが必ずスイッチするチームに対して、そのミスマッチをつくためであったり」


Q2.①ハーデンがアイソレーションした時、ピック&ロールに比べて1ポゼッションあたりの得点(PPP)が落ちます。これついて、コーチと議論したことはありますか?

↑モーリー:
①「ほとんどのプレイヤーがアイソレーションの際にPPPが下がります。だからこれはコーチと議論するほどのことではありません」

②テレンス・ジョーンズやグレッグ・スミスといったパワーフォワード陣が頭角を現し始めていますが、今度のフリーエージェントではセンター/パワーフォワードをサインするつもりですか?それともポジションに関係なく、有力なプレイヤーを獲得するつもりですか?

↑モーリー:
②「フリーエージェンシーに関しては、今のところ明確なプランはありません」


Q3.ハーデンを獲得する前、「ロケッツには“スター選手”がいないため、タイトルを勝てるチームじゃない」とおっしゃいましたよね。ハーデンを“スター選手”と考えていますか?チャンドラー・パーソンズやオメル・アシク、リンはチャンピョンチームのサポート役として十分だと思いますか?それとも、もう一人オールスター級の選手を獲得する必要があると思いますか?

↑モーリー:
「ハーデンがチャンピョンチームのエースに値するのは確実です。我々は、彼を軸にしてチームを建設しています。パーソンズやアシク、リンも十分に活躍するでしょう。ですが、優勝候補チームになるためには、このうちの一人、もしくは他の誰かが、大きく成長しなくてはなりません。そうでなければ、フリーエージェントやトレードを通して、オールスター級の選手をもう一人獲得しなければならないでしょう」


Q4.トレイシー・マグレディがスパーズと契約したことについてどう思いますか?マグレディーをベテラン指導者としてロケッツに戻そうと考えたことはありましたか?

↑モーリー:
「マグレディーは今でも優秀なプレイヤーです。ただ彼を獲得するのは、今のところ我々の方向性とはそぐいません。スパーズにとってはプラスとなるでしょう。彼の成果を期待しています」


Q5.ロケッツ以外のプレイオフ第1ラウンドで、どのマッチアップに最も注目していますか?

↑モーリー:
「クリッパーズ対グリズリーズのマッチアップは目が離せません。ベスト・ポイントガードのクリスポールと、各ポジションに有力選手を擁するフィジカルなチームの対決です」


Q6.リンとチャンドラーの“ブロマンス”(男同士の甘い事情)を引き裂かないって約束していただけますか?あなたがデータ分析を重要視するのは理解しています。だけど心の声に耳を傾けるのも忘れないでください。愛の力を軽んじてはいけません。

※リンとチャンドラーのブロマンス:

↑モーリー:
「どうやってこれを引き裂くことができようか?」


チームのトップが気軽に掲示板を訪れ、ファンと親密な交流を交わす。こういうところでも、いかにアメリカがスポーツ先進国なのかが伝わってくる気がする。

ソース:「IAm the Houston Rockets GM, AMA (playoffs edition)

Thumbnail:「by cisco_hdz via Flickr」

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑