ブログ スパーズ ロケッツ 第2戦

Published on 5月 5th, 2017 | by Tunaパスタ

4

【SAS-HOU第2戦】スパーズが25点差の圧勝で第1戦のリベンジ

サンアントニオ・スパーズ対ヒューストン・ロケッツのカンファレンス・セミファイナル第2戦は、第4Qをダブルスコアで上回ったスパーズが121-96で快勝。大惨敗を喫した第1戦のリベンジを果たし、シリーズを1-1のイーブンに戻した。

この日のスパーズは、第1Qからボール/プレイヤームーブメントが豊富なスパーズらしいチームバスケを展開。カワイ・レナードが前半20得点でオフェンスを牽引し、さらにトニー・パーカーやダニー・グリーンらも良いリズムでショットを決めると、ディフェンスでは第1戦よりもインサイドやスリーポイントラインの守備を固めることに成功し、ハーフタイムで10点のリードを奪う。

アグレッシブに攻めながらも、ハーフコートでは慎重にオフェンスを組み立ててスローペースに持ち込み、ミスを最小限に減らしながら高確率でフィールドゴールを成功させられたことで、ロケッツのトランジションスリーを制限することができた。

▼ミルズとシモンズのギブ&ゴー

スパーズのアジャストメント

第1戦での大惨敗を受け、グレッグ・ポポビッチHCは第2戦でいくつかゲームプランを修正:

  • ガソルが3ヵ月ぶりの先発: オフェンス強化のためのラインアップチェンジかと思われたが、カギとなったのはディフェンスだった。第1戦とは違い、ピック&ロールの守備の際に、ガソルは前に出すぎたり安易にスイッチしたりせず、深く陣取ってロールマンを警戒。ポケットパスからのイージーな得点を極力許さず、出来るだけボールハンドラーに難しいレイアップやフローターを打たせるよう仕向けた。
  • レナードがハーデンをガード: 第1戦と同様にスパーズは複数のディフェンダーをハーデンにぶつけたが、基本的にはティップオフからカワイ・レナードがメインでハーデンをマーク。
  • スモールラインアップ: この日のスパーズはウィングを4番に置くスモールラインアップをいつも以上に多用。特にレナードが4番、オルドリッジもしくはガソルが5番のユニットは破壊力抜群で、点の取り合いでロケッツに競り勝ち、第4Q序盤のジョナサン・シモンズがPFポジションに入った時間帯(パーカー、ミルズ、ジノビリ、ガソル)も大当たりだった。

後半に入ると、スパーズのオフェンスがやや停滞。ロケッツはその隙に第3Qを28-23でアウトスコアし、2ゴール差にまで迫ったが、スパーズは第4Q開始からマヌ・ジノビリやジョナサン・シモンズらセカンドユニットがステップアップして9連続得点をあげ、再び二桁点差を獲得。その直後にパーカーが怪我で途中退場するという最悪のアクシデントに見舞われたが、チームの勢いは止まることなく、残り時間4分にはレナードとシモンズの連続スリーでリードを26点に拡大し、ロケッツに白旗を上げさせた。

▼シモンズのストロングムーブからカウントワンスロー

▼ミルズ&レナード

Q1 Q2 Q3 Q4
HOU 30 25 28 13 96
SAS 33 32 23 33 121

スパーズは、レナードが34得点、8アシスト、7リバウンド、3スティール、FG成功率81.3%をマーク。パーカーが18得点、ラマーカス・オルドリッジが15得点、ダニー・グリーンが12得点をあげた他、ベンチからはシモンズが20分の出場で14得点と活躍した。ジノビリとガソルはシューティングこそ不調だったものの、2人ともハッスルプレイで大貢献し、ガソルが13リバウンド(6オフェンスリバウンド)/4ブロック、ジノビリが3オフェンスリバウンドを記録している。

▼レナードはキャリア最多の8アシスト

ロケッツは、ライアン・アンダーソンが5本中4本のスリーを沈めてチームハイの18得点、エリック・ゴードンが15得点をマーク。ハーデンは10アシストをあげたものの、FG成功率17.6%の13得点とショットのリズムを掴めず、またフリースロー試投数がわずか6本といつものようにシューティングファウルを稼げなかった。

シリーズ第3戦は、現地5日にヒューストンで行われる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • hiro

    スモールにしてから明らかに勢いが出てましたね。
    レナードを圧倒できるPFはHOUにはいないし
    オルドやパウが釣りだされることを考えるとディフェンス面でもスモールのほうが良さそうだ。

  • SW

    パーカー離脱で暗雲立ち込めてる気が。。。

  • YusukeIndia

    いやー、スパーズ大勝おめでとうございます!
    第1戦の大敗でどうなるのかと思いましたが、しっかり修正しての大勝でしたね!
    ポポさんの修正点をこんな的確に整理してるのは、日本ではtunaさんのこのサイトぐらいでしょうね 笑

    このシリーズ本当にどうなるか全くわからないですね(^ ^)

  • お茶

    やっぱりパーカーが活躍すると強いですねスパーズは
    往年のペネトレイトがみれただけに怪我が本当に心配です
    シモンズのぶつかりながらのダンクはエグかったです
    ジャンプショットの空中でピタッと止まれる能力といい身体能力だけでいえばスーパースタークラスですね

Back to Top ↑