ブログ プレシーズン トップ10

Published on 10月 27th, 2014 | by Tunaパスタ

0

2014プレシーズン 最も印象深かったシーントップ10

今年もプレシーズンの全日程があっという間に終了した。最も成績が良かったのはトロント・ラプターズで7勝1敗。次にゴールデンステイト・ウォリアーズとヒューストン・ロケッツが6勝2敗で続いている。

勝敗があまり重要視されないプレシーズンゲームだが、それでも久しぶりのNBAアクションはやっぱり面白い。今回は、その中でも特に印象に残った出来事をピックアップしてみた。

1.コービーのクラッチプレー

10月21日のレイカーズ対サンズ戦。第4Q残り2分でレイカーズ2点ビハインドの場面から、コービー・ブライアントが3連続フィールドゴールを決めた。3本目を沈めた後、ガードしていたP.J.タッカーに笑いかけるコービーの姿が印象深い。試合はOTにもつれ込み、レイカーズが勝利を収めた。

2.デリック・ローズ!!

 

10月11日、ブルズ対バックス戦。わずかツードリブルでコートを縦断して、レイアップに持っていくって…。ローズ一人だけ早送り再生されているように見える。

3.プレシーズンの試合にようこそ…

 

4.ジミー・バトラー、逆転ブザービーター

10月17日、ホークス対ブルズ戦。残り1.5秒、2点ビハインドからの絵に描いたように見事なブザービーター。プレシーズンながら、解説者も大興奮している。

バトラーは来季の契約でブルズから高額なオファーがもらえるはず。

5.マーカス・スマートのハッスルプレー

 

レイジョン・ロンドを彷彿させるようなハッスルプレー。スマートはセルティックスが全体6位で指名した期待のルーキーだ。プレシーズンの試合でボールダイブするそのアツい心に好感が持てる。

6.ダークとビンスの再会

今季からは再び敵同士に戻るダーク・ノビツキーとビンス・カーターだが、3年間で育んだ2人の友情はこれからも変わらない。

7.エリック・ブレッドソーのキラー・クロスオーバー

 

10月22日、サンズ対クリッパーズ戦。シュートが入っていれば完璧だったが。

8.トニー・スネルがついに心を開き始めた!?

 

昨季の失敗から学んだ様子…。

9.マット・バーンズのパスからステファン・カリーのスリー

 

10月21日、ウォリアーズ対クリッパーズ戦。そのままカリーがカジュアルにスリーを決めてしまうところがツボにはまる。

10.グローバルゲーム・トップ10プレー

10.5.「ブロン・ブロンの呪い」

そして、レブロン・ジェイムスからMVPを奪った選手には必ず翌シーズンに災いが降りかかるという新たな都市伝説が生まれた。

デリック・ローズ
ケビン・デュラント

Thumbnail via YouTube

参考:「reddit/r/nba

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑