プレイオフ ロケッツ対サンダー

Published on 4月 25th, 2013 | by Tunaパスタ

0

【プレイオフ】サンダー対ロケッツ第2戦:ロケッツの追い上げ届かず、鳴らない笛

サンダーが1勝0敗のリードで迎えたシリーズ第2戦。デュラント、ウェストブルック共に29得点の活躍で、サンダーが105-102でロケッツに勝利した。

第4Qにサンダーのリードが15点にまで広がり、そのまま試合を終えるかと思われたが、そこからロケッツが猛反撃。ジェームス・ハーデンを軸に21-2のランを仕掛け、残り3分台には逆に4点差をつけた。

そこからは両者一歩も譲らぬ展開となり、98対97のサンダーリードで迎えた残り1分。勝敗を大きく左右するプレイが起こる。

タボ・セフォローシャがロケッツを2ゴール差に突き放すスリーポイントを決めるわけだが、そこにはあからさまなオフェンスファウルがあった。

上の動画でもわかるように、ケンドリック・パーキンスがシュートを止めに入ろうとするチャンドラー・パーソンズの腕をがっしりと掴んでいる。

ロケッツ対サンダー1

なぜ笛が鳴らない?審判が見落としていたのだろうか。

ロケッツ対サンダー2

真後ろにいたのだから、絶対に見ていたはずだ。本来なら、バスケットはノーカウントでロケッツボールになるべき。これもホームコートの恩威だろうか。

例えパーキンスが掴んでいなかったとしても、恐らくパーソンズは間に合わず、シュートは決まっていたように思う。このプレーが勝敗を分けたというのも少し大げさかもしれない。ただ、好ゲームの大詰めでこんなチープなプレイがあると、どうも後味が悪い。

というか、パーキンスはこんな大事な場面で何考えてんだ?どう転んでもチームのプラスになるようには思えないが…。

試合は、そのままサンダーがロケッツの反撃をしのぎきる形で終了した。これでシリーズは2-0とサンダーが圧倒的有利に。第3戦は、27日にロケッツのホームで行われる。

Thumbnail:「YouTube

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑