Video エイブリー・ブラッドリー ブザービーター

Published on 2月 6th, 2016 | by Tunaパスタ

4

エイブリー・ブラッドリーのブザービーターでセルティックスがキャブスに逆転勝利

ボストン・セルティックスが現地5日、クイックン・ローンズ・アリーナで行われたクリーブランド・キャバリアーズ戦で第4Q序盤の10点差を巻き返し、試合終了のブザーと同時に逆転スリーを決めるという劇的な勝利を飾った。

第4Q残り7秒の時点で103-99の4点差を付けられていたセルテックスは、そこからクラッチプレーを連発して奇跡的なカムバックを展開する。

まず残り5.9秒でエバン・ターナーがファウルを受けながらレイアップを成功させて2点差に迫ると、続くフリースローミスのリバウンド争いではボールがキャブスプレーヤーの体に当たってアウト・オブ・バウンズとなり、セルティックスが再びポゼッションを獲得。そして最後にエイブリー・ブラッドリーがコーナーから逆転のブザービーターを沈めた。

ブラッドリーによると、最後のインバウンズプレーは、もともと同点の2ポイントを取りにいくのが狙いだったという。ディフェンスの意表をついてアシストを出したアイザイア・トーマスの判断力は見事。また、この状況で冷静にサイドステップでオープンスペースを作り、コーナースリーを決めたブラッドリーも素晴らしい。

Q1 Q2 Q3 Q4
BOS 20 23 22 39 104
CLE 32 17 24 30 103

セルティックスは、トーマスが22得点、ターナーが19得点をそれぞれマーク。ベンチ出場のタイラー・ゼラーは20分の出場で10本中8本のフィールドゴールを成功させ、16得点を獲得した。

▼アイザイア vs. アービング

今季ホーム4度目の敗北を喫したキャブスは、レブロン・ジェイムスがゲームハイの30得点、J.R.スミスが5本のスリーを沈めて20得点をマーク。カイリー・アービングは19得点、6アシストを記録した。

なお10得点を挙げたケビン・ラブは、太腿の負傷で第3Qの終盤に途中退場している。怪我の原因はケリー・オリニクじゃない。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • kitsu

    レブロンはBOS戦のブザービーターに良い思い出がなさそうな印象が…
    MIA時代にもそれ入るんかい的なブザービーターを決められてた記憶があります。
    BOSは大ベテランのいないチームなりに結束が感じられて好印象です。

    • ジェフ・グリーンが0.6秒のインバウンズパスから逆転スリーを決めたやつですね…。

  • ケンタブー

    素晴らしいプレーと最後の一文にヤられました笑

    • ラブの怪我が深刻ではないようなので本当に良かったです。

Back to Top ↑