ブログ NBA 過去10シーズン

Published on 8月 9th, 2014 | by Tunaパスタ

0

「もしもNBAの1シーズンが10年だったら…」、過去10シーズンのチーム成績比較

仮にNBAの1シーズンが10年だったなら…、“昨季(2005年~2014年)はどのチームがプレーオフ進出を果たしていたのだろう?

以下は、過去10シーズンのチーム成績ランキング。長期間で比較すると、球団の優秀さがよくわかって面白い。

イースト

チーム 成績
1 マイアミ・ヒート 484-320
2 シカゴ・ブルズ 457-347
3 ボストン・セルティックス 441-362
4 オーランド・マジック 414-390
5 クリーブランド・キャバリアーズ 411-393
6 デトロイト・ピストンズ 409-395
7 インディアナ・ペイサーズ 408-395
8 アトランタ・ホークス 372-432

ウェスト

チーム 成績
1 サンアントニオ・スパーズ 571-233
2 ダラス・マーベリックス 524-280
3 フェニックス・サンズ 478-326
4 デンバー・ナゲッツ 476-328
5 ロサンゼルス・レイカーズ 470-334
6 ヒューストン・ロケッツ 463-341
7 オクラホマシティ・サンダー 432-372
8 ユタ・ジャズ 416-388

ここ10年で圧倒的に強かったのはサンアントニオ・スパーズ、次ダラス・マーベリックスが続いている。500勝以上を挙げたのはこの2チームだけで、リーグナンバー1の選手(コービー、レブロン)を有していたレイカーズやヒートでも遠く及ばない。

特にスパーズの安定感は歴代リーグでも類を見ないほどで、1997年にティム・ダンカンとポポビッチHCがチームに加わって以来、ずっとシーズン50勝以上を記録してきた(ロックアウトがあった1998-99シーズンを除く)。

成績だけを考慮すれば、時代はまさにテキサス勢の天下だったが、レイカーズやヒートの3分の1ほども注目されなかった印象だ。

また10年という長いスパンでみると、東西カンファレンスの格差がより顕著に表れている。イースト勝率3位、2008年王者のボストン・セルティックスですら、ウェストにいけば上位8チームにも入れない。

ファイナル優勝数はウェストがスパーズ3、レイカーズ2、マブス1の合計6回。イーストはヒート3、セルティックス1で、4回だった。

レイカーズよりもナゲッツの方が上だというのが少し驚きだ。

ワースト8

チーム 成績
23 ブルックリン・ネッツ 351-453
24 トロント・ラプターズ 348-456
25 ニューヨーク・ニックス 342-462
26 ワシントン・ウィザーズ 332-472
27 ミルウォーキー・バックス 323-481
28 サクラメント・キングス 309-495
29 シャーロット・ホーネッツ 293-511
30 ミネソタ・ティンバーウルブズ 284-520

30チームの中で、過去10年間に1度もプレイオフ進出を果たせなかったのはミネソタ・ティンバーウルブズのみ。また、10年で最悪のシーズン成績は2011-12ホーネッツ(ボブキャッツ)の7勝59敗(勝率.106)で、これは歴代リーグのワースト記録となる。

Thumbnail by aaronisnotcool/Flickr

参考:「imgur.com

Tags: , , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑