News セス・カリー

Published on 8月 24th, 2013 | by Tunaパスタ

0

ウォリアーズ、ステフェン・カリーの弟セスと契約

Tweet about this on Twitter3Share on Facebook2Email this to someoneShare on Google+0

来季は、カリー兄弟のバックコート・コンビネーションが見れるかもしれない。

ウォリアーズが23日、ステフェン・カリーの実の弟セス・カリーと正式に契約を結んだことを発表した。ベイ・エリア・ニュースグループの記者Marcus Thompson氏が最初にTwitterで報じた。

ただし契約と言っても、試合出場を約束される長期契約ではなく、とりあえずトレーニングキャンプに参加できるというもの。よって来季開幕時にロースター入りできるかどうかは、セスの今後のパフォーマンスにかかってくる。

とはいえ、ドラフトされなかったセスにとって、ようやくNBAへの扉が開かれたのは確か。大スターの兄と共に大舞台に立てる嬉しいチャンスを手にした。しかもこの日は、セスの23歳の誕生日。兄ステフェンは、ツイッターで弟に祝福メッセージを送った:

僕の大好きなの弟へ、ハッピー・バースデー。自分への素晴らしいプレゼントだな!

兄譲りのシュートスキル

セスは名門デューク大学で3年間プレーし、最後の年には17.5得点、2.5アシストを平均。スリーポイント成功率は43.8%と、兄譲りの正確なシュートスキルを持つ。

またセスは、2009年にアメリカ代表として「U-19 FIBAワールドチャンピョンシップ」に出場。9得点を平均し、チームの優勝に貢献した経験もある。

兄ステフェンは、弟と一緒にウォリアーズでプレーできる可能性について次のように語った:

「高校時代の再来ってとこだ。僕らは高校で1年間一緒にプレーしたんだ。僕はシニアで、弟は2年生のとき。夢が叶った、といってもいい」

Thumbnail by SportsAngle.com via Flickr

参考記事:「bleacherreport.com

Tags: , , ,


About the Author

NBAバスケに目がない管理人です。主にNBAのニュースやハイライトを日々更新します。バスケについて語り合いませんか?コメントください



ステフェン・カリーの夏の秘密特訓を覗いてみよう
ゲイリー・ペイトンがバスケットボール殿堂入り
コービー、レイカーズとの契約延長に合意
Nikeがコービーの最新モデル「Kobe Elite 9」を初公開
ニック・ヤング 親指負傷で8週間離脱
ケビン・デュラント 骨折で長期離脱か
Back to Top ↑