ブログ マスコット ランキング

Published on 9月 3rd, 2016 | by Tunaパスタ

6

NBAの「クールなマスコット」ランキングTop15

歴代NBAのチームマスコットたちを独断と偏見で適当にランク付けしてみた。ランキングの基準は特になし。

15:G・ウィズ
  • ワシントン・ウィザーズ
  • 1997年~現在

好きな食べ物はリンゴとバナナ。趣味はランニング、読書、魔法、ダンク。

14:魔法のドラゴン スタッフ
  • オーランド・マジック
  • 1989年~現在

「Stuff the Magic Dragon」(スタッフ・ザ・マジック・ドラゴン)の名前は、アメリカの大ヒットフォークソング『Puff the Magic Dragon』(パフ)をもじったもの。Stuffはスラムダンクを意味するスラングでもある。

鼻から何かが飛び出る。パンツを履いていれば、もうすこし上位だったかも…。

13:サー・スラム・アロット
  • デトロイト・ピストンズ
  • 1994~1996年

任期は2年と短命だった。ダンクができる騎士という設定らしいが、騎士とデトロイトに一体何の関係があるのか…?

12:ザ・コヨーテ
ザ・コヨーテ

by Jack

  • サンアントニオ・スパーズ
  • 1983年~現在

フルネームは『エンターテイナス・カーニボラス(Entertainus Carnivorus)』(肉食のエンターテイナー)。Tシャツキャノン砲の名手であり、目が怖い。2007年にマスコット殿堂入り。

11:マブス・マン

マブス・マン

  • ダラス・マーベリックス
  • ???

マブスのマスコット「チャンプ」の相棒。いろいろと調べてみたが、いつからチームのマスコットをやっているのかは不明。マブスの公式サイトによると、マブス・マンは700ドルで誕生日パーティーや学校のイベントなどに出向き、ダンクを披露してくれるそうだ。

10:ロッキー・ザ・マウンテン・ライオン
  • デンバー・ナゲッツ
  • 1990年~現在

ロッキーの天敵は、オクラホマシティー・サンダーのラッセル・ウェストブルック。ミラクルショットの成功を邪魔された苦い経験を持つ。

9:サー・CC
  • クリーブランド・キャバリアーズ
  • 2010年~現在

ヒートに移籍したレブロン・ジェイムスと入れ替わりで、2010年にキャブスにやって来た騎士。

8:フーパー
  • デトロイト・ピストンズ
  • 1996年~現在

ロビン・ロペスの最大のライバル。ロペスもフーパーのことを一番嫌いなマスコットだと語っている。

「フーパー(Hooper)が大嫌いだ。ずっと敵対関係にある。理由はわからないけど、奴から突っかかってきたんだ」
-ロビン・ロペス

7:ザ・ラプター
  • トロント・ラプターズ
  • 1995年~現在

そもそもがコメディー担当のマスコットたちだが、その中でも特にネタ要素が強い。毎年夏に開催されるNBAマスコット会議で、最も珍プレーの多かったマスコットに贈られる「ザ・クラプター賞」(the Craptor)は、ラプターの活躍にちなんで作られたシーズンアワードだ。

ザ・ラプターというネーミングからはクリエイティブさを一切感じられないが、観客たちを盛り上げ楽しませるスキルは超一流。

6:ハリー・ザ・ホーク
ハリー・ザ・ホーク

by Mark Runyon | BasketballSchedule.net

  • アトランタ・ホークス
  • 1985年~現在

常に不機嫌そうな目が魅力的。くちばしが小刻みに動くのも不気味で良い。レールを踏み外してファンを楽しませる裏ワザも使える。

5:ベニー・ザ・ブル
  • シカゴ・ブルズ
  • 1969年~現在

1969年から50年近くにわたりブルズ一筋の大ベテラン。ダンスやアクロバティック、ダンク、ポップコーンぶっかけまで、何でもハイレベルにこなせるリーグ屈指のオールラウンダーだ。ブルズファンの間だけでなく、幅広く人気がある。

4:スーパー・ヒューゴ

  • シャーロット・ホーネッツ
  • 1988~2013、2014~1016年

ホーネッツのメインマスコットであるスズメバチの「ヒューゴ」が変身した姿。マスコット・スラムダンクコンテストを何度も制した経験がある。

なおヒューゴは、オリジナルのホーネッツ(現ペリカンズ)のマスコットとして1988年に誕生し、チーム名がペリカンズに変わった2013年に1度引退。その後、2014年にシャーロット・ボブキャッツがホーネッツの名を継いだことを受け、見事復活を遂げた。

3:ムーン・ドッグ

  • クリーブランド・キャバリアーズ
  • 2003年~現在

マスコットとしての印象が薄く、本来ならばランク外になるはずのムーン・ドッグだが、優勝パレードでの一枚があまりにも英雄的だったので3位にランクイン。

Champs. I love our city. #nbafinals #champs #cle #cleveland

A photo posted by Moondog (@cavsmoondog) on

2:ゴー・ザ・ゴリラ

  • フェニックス・サンズ
  • 1980年~現在

アリゾナ州とゴリラとの繋がりはよくわからないが、名前にふさわしいワイルドなダンクが得意。またオフコートでの活動も活発で、年間に350以上のチャリティーや学校/ビジネスイベントに参加。米国内だけにとどまらず、ヨーロッパやアジアにも活躍の場を広げているそうだ。

1:ジャズ・ベア

ジャズ・ベア

  • ユタ・ジャズ
  • 1993年~現在

マスコット的なかわいらしさは微塵もないが、クールさでジャズ・ベアの右に出る者はいない。

Thumbnail by nathanmac87

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • くりあたま

    一時期ピストンズのロゴマークに騎士居たみたいなんですよねー
    なんでかは知りませんが

    • ロゴにまで騎士が進出した時期があったんですね。90年代後半から00年代中盤は馬がロゴでした。デトロイトが車産業の都市なので「ホースパワー」みたいな…。

  • masayann

    ロビンロペスはマスコットを嫌ってるみたいですね。その中でもフーパーが嫌いなんですかね?

    • 来季は、ロペスがブルズのベニーといい関係を築き上げられることを願っています。

      • masayann

        ロペスってブルズ行ったんですか?

        • そうなんですよ。Dローズとのトレードで。

Back to Top ↑